働き方改革や副業を解禁する企業も増えてきている現在、私達の働き方にも変化が生まれてきました。「仕事と生活をバランスよく調整し、イキイキと働きたい」と言った想いから転職を検討する人は多くいます。

理想の企業で働きつつ充実した毎日を過ごすには、ワークライフバランスを重視したキャリアプランを立てることが大切です。では、プランの立て方とは何か?を、完全ガイドしていきます。

ワークライフバランスを面接でアピール?

まず、知っておいて頂きたいことは、ワークライフバランスを全面にアピールした面接対応は、控えた方が無難です。

控えるべき理由

「仕事と生活共に充実させたい」を目的とした転職は間違いではありません。しかしながら、企業があなたに求めているのは「自社に必要な人材なのか?」や「自社のことをどれだけ理解しているのか」の部分です。

例えば志望動機を質問されたとしましょう。

例文
「前職では毎日が残業で、繁忙期には休日出勤も当たり前でした。なので、プライベートで好きな時間が全く取れなかったのです。毎週休める企業に勤めたかったので転職を希望しました。」

上記の様な対応をすると「仕事よりプライベートを優先したい人なのかな?」と判断されかねません。つまり、働ければ何処でも良いのでは?と言ったマイナスなイメージで捉えられてしまう可能性があるのです。

企業に自分が必要だとアピール

企業に伝えるべきは「自分は企業に必要な人材だ」の想いや、企業に勤めることで、どのように社会貢献していくのか?の未来像です。また、対応時の態度やコミュニケーション能力、さらに論理的に自己分析ができているのか?を見ています。

特に「今後の夢や取り組みたいこと、キャリアプランなどはありますか?」と質問される場合もあります。この時に明確な対応ができないのは面接結果を大きく左右するでしょう。企業に具体的なアピールができる様、キャリアプランを立てておくことが大切です。

ワークライフバランスとは?

そもそもは「仕事と生活の調和」を意味する言葉です。仕事と生活共に充実させることで、生活全体の質を向上させます。

  • 仕事に必要なスキルの習得を生活で学ぶ
  • 学んだスキルを仕事に活かし効率UP、時間の短縮
  • 生活の質が上がることでモチベーション向上

「別に取り入れなくても、1日の勤務時間は定めてあるから問題ない」と言った意見はあるかもしれません。ワークライフバランスは、仕事と生活を時間で比較するものではなく、2つを調整することで、今まで以上の相乗効果が期待できます。生活時間を仕事時間より優先すれば、仕事効率は下がってしまうでしょう。

逆もまた然りです。1日のパフォーマンスを上げ、企業の業績を上げていく為に、相乗効果が期待できるワークライフバランスの取り組みが注目されています。

ワークライフバランスが注視されている理由

日本は昔から「残業することが当然」の遅くまで働くことが当たり前の文化が根付いていました。現在では女性も社会で働くのが当然の時代、出産や育児は働きながらでは困難です。この為、育休や育児に困らず働ける企業が求められています。この働き方は女性に限られたことではありません。

イクメンの言葉が生まれている様に、男性でも生活を重視した働き方が注目されています。さらに、高齢化に対する働き方も考えなければいけません。両親の介護が必要になり「今の企業では働きづらくなった」と悩みを抱えている人もいるでしょう。仕事以外の生活も充実し、安心して仕事に取り組める環境を提供できる企業が求められているのです。

取り入れることで得られるメリット

仕事と生活共に充実していくことで得られるメリットと言えば、まずは「優秀な人材を得られる」ことです。上でも触れた通り、出産や育児で働きたくても働けない為、これをきっかけに退職を決める女性は多くいます。優秀な人材が「復職できる環境」を企業が提供することで、離れていくことを避けられます。

育休やフレックスタイム制など、社員にとって働きやすい環境であれば、モチベーションも上がりますよね。次に挙げるのは「モチベーション向上で生産性UPが見込める」ことです。働きやすい環境であれば、企業全体の士気も高まります。社員がイキイキと仕事に取り組めることで、仕事の効率化や生産性UPが見込めるでしょう。

さらには、企業イメージアップにも影響してきます。「あの企業はワークライフバランスを重視した働きやすい企業だ」と周囲にアピールできれば、優秀な人材を得やすくなるので、企業の業績UPに繋がっていくでしょう。

ワークライフバランスを重視したキャリアプラン

キャリアプランとは「企業に勤めることで、今後どのように成長していきたいか?」を具体的に計画することです。

どう働きたいのかを具体的にする

まずは現状を分析し、どう働きたいのか?を具体的にしていきましょう。ワークライフバランスに取り組んでいる企業は多くありますが「仕事と生活の調和」は人それぞれです。あなたの理想にピッタリな調和が取れていない企業では、転職できても生活が安定しない可能性が高くなってしまいます。

なので、現状を自己分析し、自分は企業でどう働きたいのか?を具体的にしましょう。

自分の理想を考える

育児や介護が必要で、時間を調整したい人もいるでしょう。例えば育児の場合、勤務中は保育園や託児所、実家などに預けていくことになりますよね。夜も営業している施設なら問題は少ないかもしれませんが、時間に制限があれば、そうも言ってられません。また、子供は成長と同時に保育園〜小学校〜中学校と通う場所も変わります。

その時その時で育児に合わせた調整が必要です。5年後〜10年後、自分の生活はどうなっているのか?理想の生活はどうなのか?を考えていきましょう。この際、頭の中だけで考えていくのは、お勧めしません。考えが纏まらず、冷静な判断ができない可能性がある為です。なので、文字に起こすなど可視化すると良いでしょう。

勿論、企業に勤める社員として、仕事の目標についてもプランニングすることも大切です。

  • 転職後1年目、3年目、5年目にはどんな仕事をしていたいのか?
  • それには何の知識やスキルが必要なのか?
  • その知識やスキルを得るにはどうすれば良いのか?
  • 得られるにはどれ位の日数が必要になるのか?

調和が取れているのかを確認する

ワークライフバランスは、毎日の私生活を充実させる為の取り組みです。育児や介護をしつつ仕事することは、決して楽ではありません。キャリアプランを入念に確認し「この企業なら、理想のワークライフバランスを得られる」ことを判断できた上で転職先を選択していきましょう。

また、必ずしもキャリアプラン通りに進めなければならないことはありません。臨機応変に修正し、毎日少しずつ目標に近づいていける様にしましょう。

まとめ

ワークライフバランスは「仕事と生活の調和」を表し、あなたにとって充実した私生活を手に入れる為に考えるべき取り組みです。理想の生活は人それぞれ。あなたにとって「調和の取れた生活」ができていなければ意味がありません。

育児や介護をしつつ働くことは、時には辛いこともあるでしょう。なので、今後のキャリアプランを具体的に立て、自分にピッタリな企業を見つけましょう。

ワークライフバランス重視の転職におすすめの転職エージェント

リクルートエージェントは求人数がダントツトップ

リクルートエージェント

日本最大級の転職エージェントで、求人数No.1、転職成功実績No.1の最大手リクルートエージェントです。拠点も全国主要都市に16箇所あり、地方の求人も豊富です。対応できる業種・職種が幅広く、第二新卒からミドル・ハイキャリア層まで、質の高い求人を数多く保有しています。

ワークライフバランス重視の会社をリサーチするためにも、必ず押さえておくべきエージェントと言えます。

また、求人数の多さは、幅広い求職者に対応できる求人を保有していることも意味します。営業力に優れた会社なので、内定を勝ち取るためのノウハウを熟知しており、面接対応も充実しています。交渉力にも優れているので、年収アップ転職なども実現しやすいでしょう。

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人を紹介し、応募書類の添削に至るまで手厚くサポートしてくれます。また、応募書類を送付した後も、エージェントのキャリアアドバイザーが応募先に推薦してくれるため、転職成功率がさらにアップします。

転職サポートの流れもスピーディーで、土日の相談が可能なのも今すぐ転職したい人も頼りになります。

リクルートエージェントへ無料登録

dodaエージェントサービス

dodaはサポート力が高いと評判のエージェントです。常時全国100,000件以上の幅広い業界・職種の求人には、ワークライフバランスに適した案件も豊富に保有しています。

紹介される企業情報もかなり詳細なので、条件を比較して応募する企業を選ぶこともでき複数企業にまとめてエントリーできる仕組みなので、数多くの企業に応募して可能性を広げたい人にはおすすめです。面接対策や応募書類の添削といったサポートの質にも定評があります

北海道から九州まで全国10箇所に拠点があり地方の求人も豊富です。
キャリアアドバイザーとの面接は、土日や夜間の相談も可能なので、忙しい方にもおすすめ。

今よりもっと自分らしいワークライフバランスできる働き方を見つけたい方は、ぜひ登録してみてください。
※職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方が利用して転職に成功しています。

dodaへ無料登録