2021年度版の建設業界の転職市場動向を見極める

建設の業種の転職市場を注視してみていくと、2021年度版の動向も期待が持てます。浮き沈みが激しいと言われている業界ではありますが、それでも全国どこかで何かしらの建設工事が行われるからこそ、自分が働きたい仕事を見つけやすい魅力があります。

この業種は様々な職種が枝分かれしているので、あらゆる仕事で求人が出ており、自分が転職したいと思ったときに行動することをおすすめします。そうすることでおすすめの職種に無理なく転職することができます。

オリンピック特需の影響もあり、2021年度以降も建設バブルがさらに続いていくと予想されていて、2020年度よりも加速する傾向が強まると言われています。そのため動向を注視して転職するタイミングで動けるようにしておくべきです。東日本大震災に関連する復興特需が東北でありました。

東北以外の企業も大手ゼネコンを中心に様々な大がかりなプロジェクトがありました。次に2018年頃からオリンピック特需があり、東京に人材が流出していきました。復興特需と同等に大きなプロジェクトということもあり、今は都市開発に力を入れている大手ゼネコンの建設バブルが重なっている状態です。

このように建設業界は一定の周期で何かしらの要因が重なると特需が生まれ、そこに多くの人が投入されて長期間大きなプロジェクトに参加することができる業種でもあります。

この建設バブルに乗り遅れることなく、自分がやりたい仕事ができる会社に転職するためにも、この業界の転職市場がどうなっているかを見極める必要があります。東日本大震災に関連する復興特需が終わりを迎え、オリンピック特需が終わった後に、都市開発の他に何が来るのか、その動向をチェックしながら自分が働きたいという思いを形にするために、業界のことを知りつつ、転職市場で求人を確認してください。

視点を変えて建設関連の職種を選ぶ

大手ゼネコンなどは新規建設プロジェクトを手掛けて華やかさがありますが、人気がある企業に転職したいと思っても、応募する人も多いので狭き門になっています。そこで考え方や視点を変えて、新規建設を手掛ける会社だけでなく、既存の建物や公共設備を維持管理する会社も需要が高くおすすめの職種と言えます。

今全国のトンネルや橋の経年劣化が進んでいる問題が深刻になっています。高度経済成長期に整備された道路やトンネルや橋などのインフラ整備物件の点検・修理交換のタイミングに差し掛かっています。新規建設プロジェクトよりも華やかさはありませんが、土台部分を支えていくという意味ではとてもやりがいを感じることができるおすすめの職種と言えます。

この職種は都心部だけでなく全国のインフラ設備に関係してきます。地方でも仕事が多く様々な維持管理に関するプロジェクトに参加することができる可能性が高いです。特に規模が大きい上場企業は全国に営業所があるので、転勤も苦にならない人は、維持管理の立場から大きなプロジェクトに関わることができます。

建設業界に関する仕事内容

ゼネコンとも言われる建設業界ですが、仕事内容は多岐にわたり、様々な職種に転職することができます。今までの経験を活かして同じ職種に転職することもできますが、未経験からでもやる気次第でやったことがない職種にチャレンジすることができるのもこの業界の良いところです。

未経験でも転職できるおすすめの職種が営業職です。ゼネコンの営業は新規案件を受注していきます。営業職なのでノルマがありますが、契約を取ることができればインセンティブが付くので、頑張り次第で前職よりもたくさん稼ぐことができます。

経験が活かされるのが施工や設計の職種です。職種別で建設施工・設備施工・土木施工の施工業務があり、大手企業になれば個別にそれぞれの施工業務の求人を募集しています。施工以外にプロジェクトの建物などを設計する職種もあります。

これらの職種で中途採用を実施する場合、その多くが経験者を2021年度版の求人でも募集します。未経験で採用されても前職よりも待遇が悪くなる可能性があります。

自分が前職でどのような仕事をやってきたかという経験を評価してもらうだけでなく、どのような資格を有しているかも、面接時にアピールできる大きなポイントになります。例えば1級土木施工管理技士や一級建築士や1級建築施工管理技士などの資格は上級資格と言われる部類に入ります。

これからもゼネコン業界の転職市場は盛り上がりを見せる中で、経験だけでなくどのような資格を持っているかも、その人が評価される重要なポイントになります。

2021年度版おすすめの建設業界の職種とは

建設業の仕事に転職したいと考えている人におすすめしたい職種が業界の花形とも言える施工管理者です。現場監督とも言われていますが、建築・土木・電気など様々な現場監督が必要とされる中で、即戦力となる施工管理者を求める求人が多数あります。

現場管理の資格を有し、さらに経験が豊富なスキルがあれば再就職することができる可能性があります。現場で指揮を執ることができる人材はどの会社でも必要としていますし、経験やスキルを活かして仕事ができれば多くの収入を得ることも可能です。

施工管理者の下で作業するのが技術職のスタッフです。職人さんというような言い方をされることもありますが、土木・大工・とび・左官・内装塗装など、機械化が進む中でも職人のスキルや能力を必要としている現場もたくさんあります。

これらの技術能力が長けていれば高いスキルを持ち合わせていると判断されて内定をもらうことができる可能性が高まります。職人枠の求人は大企業だけでなく、中小企業でも多い傾向があります。さらに職人としてのスキルや能力が高ければ、ある程度年齢が高い人でも採用されて、即戦力で働くことができるのも技術職の強みと言えます。

現場を支える設計士や建築士の職種もやりがいを感じることができて、多くの給料をもらうことができます。設計士はCADオペレーターとも言われていて、CADソフトを使いながら、現場で必要とする図面を作成します。それだけでなく現場の意見を取り入れて修正や調整をする業務になります。

建築士は一級建築士、二級建築士、木造建築士などがありますが、ゼネコンなどの業界では一級建築士が活躍しているケースが多く、転職市場でも高度な資格とスキルを持ち合わせている人が重宝される傾向があります。

現場の仕事に関わるのは管理や設計や職人だけではありません。営業職も人気があります。なぜならばやる気次第で歩合給が付くので、大手企業だと結果次第では年収1,000万円を稼ぐ人もいる世界です。大手ゼネコンだけでなく大手ハウスメーカーに転職して営業マンとしての実績を積み重ねることができれば、現場の職種よりも多くの収入を得ることができます。

コミュニケーション能力が高くてフットワークが軽いだけでなく、なによりも建築物が大好きでその思いをお客様に伝えることができる人が営業に向いています。

このように1つの業種でも様々な職種があり、多くの人が活躍しているのが建設業界の特徴です。大企業だけでなく中小企業の求人もたくさんあります。どの会社に転職したいのか、どのような仕事をしたいのかを明確にし、職種を絞り込んでから2021年度版の最新の情報を基にして求人を選んでください。

転職エージェントを賢く使って建設業界の転職を有利に進めよう

建設業界で転職を考えているのであれば、転職エージェントを活用した方が有利です。転職エージェントは、一人一人に専属キャリアドバイザーが付いて希望の求人を紹介してくれます。プロの視点からキャリア分析や面接スキルも丁寧にチェックしてもらえるので、面接スキルやビジネスマナーに不安がある方には是非おすすめしたいサービスです。

また、キャリアドバイザーは、応募先企業の貴重な内部情報を把握しているため、面接でどんな質問をされるのか、どんな人材を求めているのか等、応募企業に合せた面接指導を受けられる点も大きな魅力です。

そして、建設業界での経験や実績をしっかりと見てもらえるように、職務経歴書の作成などを手伝ってくれます。内定が決まってからも、年収面での交渉を代行してくれたり、入社日の調整をしてくれたりします。自分一人ではできないようなより好条件での転職をするために、最初から最後まで丁寧なサポートをしてくれますので、賢く活用したいものです。

建設業界未経験でもリクルートエージェント

リクルートエージェント

最大手の転職エージェントで、大手企業を中心に、幅広い業種・職種の求人が豊富です。スーパーゼネコンなどの求人にも強く、非公開求人は約20万件あります。

良質な求人が多いことで知られており、サポート力の高さにも定評があります。交渉力も高いので、未経験転職を成功させたい人にもおすすめです。個別サポートだけでなく、無料セミナーも充実しています。

対応も素早いので、転職が決まるまでも早いです。全国の求人に対応しているので、地方の人も利用できます。

リクルートエージェントへ無料登録

建設・不動産業界に特化した転職支援 年収アップならRSG

「建設・不動産に強い」×「支持率No.1」の『RSG Construction Agent』は、建設業界に特化した転職支援サービスです。建設コンサルタント、ゼネコン施工管理、建設機械営業、不動産管理、上場企業人事、ファシリティマネジメント、国土交通省OBなど建設・人材業界出身の専属コンサルタントが、高いマッチング力とRSGオリジナル面接対策、フォロー体制で、入社までサポートしています。

ネット上には出回らない求人が多数あり、情報の質が強みのエージェントです。国土交通省「i-Construction推進コンソーシアム」加盟していて、BIM・CIMを中心に、ICT人材のキャリアアップにも定評があります。

取引法人数全国1500社以上、非公開求人を含め常時5000件を超える求人案件を保有していて、なんと月収アップ率が99%以上もあり、平均して年収1.2倍〜1.5倍へアップできます。また年収600万円〜1000万円超えのハイクラス案件も豊富です。

※関東(1都3県)、東海(愛知・岐阜・三重・静岡)、関西(大阪・京都・兵庫)、九州(全県)在住の20代〜40代男女の受付となっています。

建設業界専門の転職支援RSGへ無料登録

転職サイトで求人をストックしておこう

転職に成功するかどうかは、良い求人に出会えるかどうかで決まります。良い求人に出会えるかどうかは運とタイミング次第なので、常日頃から求人サイトをチェックしておく必要があります。

あらかじめ転職サイトに希望条件を登録しておけば、条件にマッチする求人が出たらすぐにお知らせしてくれますので、良い求人に出会える確率が上がりますし、取りこぼしも防げます。転職したいと思ったら、まずは転職サイトで網を張っておくのがおすすめです。

リクナビNEXT

転職希望者の8割が利用する求人数No.1の転職サイト。希望条件を登録しておけば求人開始と同時にメールで届くので、優良求人を見逃すこともありません。

会員登録することで履歴書や職務経歴書のテンプレートもダウンロードでき、作成したレジュメは保存できるので、応募の度に作成する必要がなくなります。転職したいと思ったら、まずはリクナビNEXTで求人をストックしていくのが良い求人に出会う第一歩です。

リクナビNEXTへ無料登録