第二新卒の転職活動において、履歴書や職務経歴書などの応募書類は重要な要素の一つです。中でも、志望動機はどんな企業を受けるにしても必ず聞かれるポイントです。うまく書かなければ、書類選考で落とされることもあるので、しっかり準備をして取り掛からなければなりません。

こちらでは、第二新卒で転職を考えている人が志望動機を書く際に大切なポイントや、NG例文などをまとめてありますので、参考にしてみてください。

第二新卒の転職で重要な志望動機。チェックすべき4つのポイント

新卒で就職活動がうまく行かず就職浪人をしたり、就職したものの数年で辞めてしまったりなど、第二新卒にはさまざまなタイプがありますが、社会人としての経験が浅い(ほとんどない)ことは共通しています。
第二新卒の場合、特に大手企業は、即戦力というよりもむしろ将来性を買うのですから、その志望動機はとても重要な選考材料になります。志望動機をまとめる際、チェックするべきポイントが4つあります。

①:応募企業に入りたい理由を説明する

第一に、その企業に入りたい理由を説明します。業種や職種ではありません。同業種や同職種にたくさんの企業があるにも関わらず、なぜ「その企業」なのか、ということを伝えてください。たまに、企業研究をした結果を披露する人がいますが、それは間違いです。企業研究で得た知識をひけらかす場ではなく、得た情報を元にどうして入社したいのかを相手にわかるように説明する事が大切です。

②:具体性を意識した内容にする

面接官は、志望動機と転職理由に一貫性があるかどうか、それらが理論的に組み立てられているか、といった点を見ています。前職の退職理由は必ず聞かれる質問です。そして、つじつまが合っていないと、「いったい、あなたはうちの会社に入って何をやりたいの?」と面接で矛盾点を指摘される可能性があります。理論的に一貫性を持った志望動機を考えることが大切です。

③:例文に頼らず自分の言葉で伝えよう

思いはあっても言葉でうまく表現できないと、ついついインターネットなどで検索した例文を元に少しアレンジして書いてしまいがちです。しかし、人事採用担当者に採用のプロです。例文のアレンジではすぐに見抜かれてしまいます。また志望動機は面接でも必ずと言っていいほど聞かれることので、自分の言葉で考えていないとスムーズに答えられません。借りてきた言葉では、採用担当者には響きません。

④:前職の不満ばかりを述べない

社会人の常識・マナーとして、他社の悪口や噂話などはタブーです。たとえ前職がブラック企業であったことが理由で退職したにせよ、面接の場は愚痴や不満を述べる場所ではありません。例えば、退職理由が人間関係など前職への不満だとしたら、その不満をそのまま述べるのではなく、問題点とそれを解決するために自分が取った行動など、前向きな発言へ切り替えれば良いのです。

気を付けよう!知っておきたいNG志望動機例文【5選】

ここまで、志望動機がいかに重要でどんなことを伝えるべきか4つのポイントを挙げてきましたが、志望動機にもNGはあります。NGの志望動機を紹介します。

①:漠然とした理由は伝わらない…「人の役に立つ仕事がしたい!」「感動しました!」

使いがちな言い回しです。聞こえは良いのですが、あまりに漠然としていて「どんな仕事をして人の役に立ちたいのか」「何に感動したのか」「この会社でなければならない理由は?」という点がわかりません。熱意をゴリ押ししても面接官に伝わりません。なぜ入社したいのかが明確でないため、説得力に欠けます。

②:会社は学校ではない!…「勉強させて頂きたい」「色々な事を学びたい」

第二新卒は、社会人経験が短いことはデメリットですが、変な常識に染まっていないという点はメリットにもなり得えます。そんな第二新卒に即戦力になってもらいたいと考えている企業は少なくありません。「勉強」「学び」を望む姿勢は、一見、謙虚で好ましく感じますが、企業側にとっては受身な人間という評価になりかねず、避けたほうが無難です。

③:上から目線は絶対NG!…「自分の入社で会社が成長する」

「会社に貢献できます」というアピールは大切ですが、「自分が入社すれば会社が助かりますよ」というニュアンスが入ると話が違ってきます。実績をアピールすることは必要ですが、謙虚な姿勢は忘れてはいけません。

④:待遇をメインに持ってくるのはダメ…「お給料がよさそう」「残業が少なそう」

前職の退職理由が待遇の悪さ、という人も多いはず。待遇を考慮して求人を選ぶことはもちろん大切なことです。しかし、「給与や残業、休日など待遇が自分の希望に沿っていたので」というように志望動機に挙げるのはあまりにも不躾です。本音と建前をうまく使い分けてください。志望動機は、その企業の事業内容や仕事内容に沿ったものであるべきです。

⑤:勤務地をメインに考えるのは危険…「家の近くだったから」「地元でしっかり働きたい」

勤務地を考えて選ぶことはもちろん大切ですし、それが第一条件という場合もありますが、志望動機としてはやはりNG。地元で働きたい、というのはその会社を志望することとイコールにはなりません。採用担当者は、仕事への熱意が聞きたいのです。また「家の近くだったから」という表現は「転勤になったらどうするの?」「近ければうちの会社じゃなくても良かったの?」と取られかねないので注意が必要です。

履歴書も面接も志望動機は企業ごとに準備するべき

企業ごとに志望動機を準備する

同業他社を受けるにしても、志望動機の使いまわしはおすすめできません。企業ごとに志望動機をじっくり考え、その企業で働きたい理由はなにか、自分には何ができるのか、といったことを見つめなおす時間も大切です。それぞれの企業に特色があり、求める人物像や能力もさまざまです。それぞれの業界で自分の強みは何か、自分のスキルや経験をどの様に活かせるか、自分を向上させるたえにこれからどのような努力をしていくのか、といったことを企業ごとに言葉にまとめてください。

企業に合わせた志望動機を作るには企業研究が必須

企業の考えや業務内容、求める人材に沿った志望動機を考えるには、その企業を知ることが大切になります。業界はもとより、企業研究をしっかりすることが必要です。求人情報や企業ホームページ、商品を実際に使ってみるなど、方法は様々です。店舗があればそこに足を運んでみるのもおすすめです。

企業研究を丸投げする方法

在職中に転職活動を進めるのは、時間的にも難しいものです。転職エージェントなら、各企業の求める人材、面接で聞かれることなど把握しているので、求人検索から応募までスムーズに進められます。
応募前にキャリアコンサルタントから情報を得ることができるので、一社一社企業研究する手間が省けるのもメリットです。応募する際には、履歴書や職務経歴書などの添削もしてくれます。もちろん、自己PRや志望動機などのアドバイスもしてくれるので、心強い存在です。

第二新卒の転職に強いマイナビエージェント

マイナビエージェント

大手人材紹介会社・マイナビが運営する転職エージェントです。第二新卒をはじめとする若い世代の転職支援に力を入れていて、マイナビブランドを生かして多くの上質な求人を扱っています。
キャリアコンサルタントは、面談でしっかりヒアリングし、一人一人の実情に沿ったサポートをしてくれます。応募書類の添削アドバイスも人気のサービスです。書類選考の通過率が高いことからも、添削サポート力の高さがうかがえます。
首都圏や関西圏の求人がメインになりますが、第二新卒で転職を希望するなら登録しておきたいエージェントです。

既卒・第二新卒のアイデムスマートエージェント転職

既卒・ 第二新卒のアイデムスマートエージェント転職

求人フリーペーパー・新聞折込求人紙でよく目にする求人企画40年以上のアイデムが運営する、
20代の若手人材転職に特化し、第二新卒専用のサポートも充実している総合型の転職エージェントです。堅実な老舗企業やニッチな技術を持つ安定企業、人材教育に力を入れている企業など、詳細な情報や企業風土も含めて、非公開の求人案件を紹介して貰えます。
関東・関西を始め全国の主要都市部に対応しており、第二新卒向けセミナーや、応募書類の書き方などのセミナーも随時実施しています。就職セミナー・マナースクール講師を長年にわたり担当しているカウンセラーから転職市場で勝つための的確なアドバイスをもらえます。求職者と企業のホンネをつなぐスマートエージェントはおすすめです。

アイデムスマートエージェント転職 公式サイト

ハタラクティブ

ハタラクティブ

既卒や第二新卒、フリーターやニートのサポートにも強い転職エージェントで、若年層に対する転職ノウハウがしっかりしています。書類審査通過率が91.4%なので、経歴が原因で不採用にされる可能性が低いです。

ビジネスマナーから面接のコツまで徹底サポートしているため、就活をしてこなかったから就活のマナーが分からないという人でも、しっかり対策できます。

ハタラクティブ公式サイト

まとめ

第二新卒の転職活動は、「前職を、短期間で離職したこと」のマイナス要素をいかに払拭して、プラス要素に転じていくかがポイントになります。
転職エージェントの応募書類添削サービスを利用するのも一つの方法です最初に採用担当者の目に留まるのは応募書類です。志望動機や自己PRなど、応募書類に欠かせない項目は、しっかり対策を練って、ワンランク上の応募書類を完成させてください。