納得できる転職をしよう

なぜ転職をするのか考えたときに、多くの人が他にやりがいを得られる仕事がしたいと考えたり、今まで以上にたくさんの給料をもらいたい、年収をアップさせたいなど、様々な理由があります。そのため考え方は人それぞれで、自分を必要としている会社があれば必ず転職することができると考えてください。

自分が転職したい業種や職種の求人がどのくらいあるのかを見極めて判断することが求められます。景気が良ければ求人が増えて転職市場も盛り上がります。しかし自分が転職したいと思ったとき不景気なら求人数が減って思うような転職活動ができなくなります。

求人数が減っているときに転職活動をしてもうまくいかない可能性が高いのは誰が見ても明らかです。そうなると自分が転職したい会社に行けないだけでなく、いつまで経っても転職できずに立ち止まってしまう可能性もあります。

そうならないためにも日本経済がどうなっているのかを転職市場を考慮しながら対策をすることが求められます。自分の能力やスキルに甘んじることなく、景気が悪くなってしまっても自分が他人より能力が高いストロングポイントがあれば、少ない求人でも量より質重視で自分をアピールすることができます。

現在の状況を見極めた上で求人数が多く内定をもらえる可能性が高いと判断したら、すぐに行動に移して積極的にチャンスを掴むようにしてください。自分ひとりで行動するのが難しい場合は、転職支援サービスなどを利用することで様々なサポートを受けることができます。

中途採用を受け入れる企業も、会社の業績や売り上げと連動して求人数が増減します。経済情勢が変わると自分が再就職したい会社の景気が傾いて求人を取り消す可能性もあります。だからこそ自分がどうしても転職したい会社の求人がどのくらいあるかを事前に知ることが求められます。

その業界の転職市場がどうなっているかも合わせて見極めて判断してください。判断を誤ってしまうといつまで経っても転職できない可能性があります。そうならないためにも自分が納得できる転職ができるように行動するしかありません。

焦る気持ちを落ち着かせて、自分の価値と希望する業種の市場価値をマッチングさせることができるかどうかを早めに見極めてください。

自分が転職したいと思っている業種や職種に価値があるのか

基本的な考えとして転職をするときに、自分を必要としてくれる会社があれば内定をもらうことができ再就職することができます。つまり自分の思い通りの市場価値が希望する業種にあるかどうかを判断する必要があります。いくら転職したいという思いが強くても、その業種の市場価値が低ければ転職できる可能性が低くなります。

転職を成功させるために、希望する業種の市場価値があるかどうかを見極めてください。価値が無くて未来に希望を見いだせない業種だと、転職をしてもやりがいを感じることができなかったり、希望する年収の給料やボーナスがカットされる可能性もあります。

転職市場には必ず需要と供給があります。自分が転職を希望する業界で多くの求人が出されているか、人材を欲しがっているかなど、自分を必要としている会社があるかどうかを自分自身で見極めることで、転職先の会社で仕事をするようになってからやりがいを感じて今まで以上に多くの給料をもらうことができます。

自分がどの仕事が適しているか診断を受けよう

自分がどのような職種の仕事に転職したいかまだ理解していない人は、適職診断を受けることをおすすめします。適職診断とは自分に向いている職種を総合的に診断してくれるもので、診断結果に応じてどの職種に転職すれば良いかを把握することができます。

自分では想像していなかったような診断結果が出る可能性もあるからこそ、少しでも不安を感じている人に受けてほしいです。適性を理解してからじっくり自分が転職したい職種の仕事を選んでも遅くはありません。

どの職種が良いかが分かるだけでなく、自分が仕事に対してどのようなタイプの人間で、新しい職場でどのような傾向があるのかを知ることができます。働きたいと思っている職種と適職診断の診断結果で出た職種に違いが出た場合どうするかを十分に理解してください。

適性診断を受けたサービスを提供している会社のアドバイザーから診断結果を基にしたアドバイスを受けて、十分に考慮して転職する業種や細かな職種を選ぶこともできます。

診断結果を見て職種を選ぶのか、それとも自分が転職したい職種で求人を探すのかを考えて転職活動をするかが求められます。全ての結果を適職診断に任せるのか、それとも自分の考えを取り入れるかによって、転職する職種だけでなく会社も変わってくることを理解し適職診断を受けるようにしてください。

そうすることで本当に転職して良かったと思える会社で働き続けることができます。

転職サイトの適職診断サービス

無料で適職診断サービスを行っている転職サイトが多数あります。簡単なものでは、選択式の質問(30問〜120問)に答えるだけで、すぐに適職診断結果が分かります。

各社それぞれオリジナルのコンテンツがあり、年収査定や適職診断をもとに求人案件を表示・検索できるサービスもあります。はじめての転職で自分の適性について知りたい、と言う人は適職診断を受けてみるのもおすすめです。適職診断の結果は、選考に関して企業に知られたりすることはないので安心して利用できます。

リクナビNEXTのグッドポイント診断

リクナビネクスト

「親密性」、「冷静沈着」、「受容力」など、18種類の中から自分の強みを5つ診断してくれます。客観的に判断した結果ですので、自分では何とも思っていなかった部分が実は長所だったりと、新しい発見もあります。適職を探すためだけでなく、自己PRなどにも役に立ち、リクナビNEXTでは応募時に診断結果を添付することで自分の強みをアピールできます。

リクナビNEXTグッドポイント診断

doda適職タイプ診断

doda転職タイプ診断

あなたはどんなことを大切にするタイプか?、最近の仕事への満足度など 3ステップであなたの”仕事探しの軸”と”いまの満足度”が診断されます。現在の会社の満足度、不満度などから、転職おすすめ度が提示されます。
自己分析にも活用でき、仕事選び・適職探しのヒントにはなります。

dodaへ無料登録

@type・転職力・適職タイプ診断

type転職エージェント適職診断

@typeの適職タイプ診断は、4つのタイプを軸に最適な仕事を診断してくれます。2択で数問だけでざっくりした診断になります。
転職力診断テストは、@type会員13万人分の職種年齢別経歴データに基づいた、@typeのキャリア・アドバイザーが監修したテストで4択問題で10分ぐらいかかります。自分のキャリアレベルとレベルに年収は合っているか?足りないスキルは何か?今転職した場合の予想内定数などが分かります。
※東京・神奈川・埼玉・千葉にお住まいの方限定です。

type転職エージェントへ無料登録

Re就活 適職診断テスト

Re就活適職診断

日本エニアグラム学会 前理事長が開発した診断テストです。仕事の強み・適職を9つのタイプに分類して向いている仕事&不向きな仕事や自分の強み等が分かる。行動特性診断では自分の価値観、仕事・生活のスタイルが分かります、マッチした企業を探すヒントになりますし、現在の生活に役立つ診断結果は5000文字分あり、自己PRのネタにもなります。

Re就活へ無料登録




年収相場をチェックして給料診断を受けよう

転職する理由として多くの人が考えるのが、今まで以上にたくさんの給料をもらいたいということです。自分の能力やスキルに見合う給料をもらっていないと考える人は、適正な給料がどのくらいなのかを知る必要があります。今よりももっと給料をもらいたくて転職をするという考えは当たり前のことです。

しかし希望する職種でどのくらいの給料をもらえるかを事前に理解するために、給料診断をすると求人だけでは見えてこないおおよその額面が見えてきます。年収は自分の仕事量などの評価としての対価としてもらえるものです。

だからこそ転職の前に自分が転職したい年収相場をチェックしてどのくらいの年収になるかを見て判断してください。診断を受けることで自分の年収と能力が合っているか確認できます。さらに求人票では分からない転職先の年収推移が分かります。自分のことだけでなく、希望する職種の市場価値を知ることもできます。

給料診断は民間の転職支援サイトで行うことができます。基本的な流れとして、最初にプロフィールや職務経歴と必要事項を記入して査定結果が表示されます。この結果をふまえて転職支援サイトのアドバイザーから、どの求人を選べばいいかを的確にアドバイスをもらうことができます。

診断を受けることで年収の推移をグラフで確認することができます。自分が希望する年収と実際の年収の格差が少なければ違和感なく納得した給料の額で仕事をすることができます。

年収査定シミュレーション パソナキャリア

16,000社以上の取引企業がある、優良な転職エージェントのパソナキャリアの年収査定シミュレーションです。転職の前に気になる年収相場をチェックしてみましょう。
パソナキャリアの転職で67.1%の方が年収アップしています。

パソナキャリアへ無料登録

自分の価値を見極める

転職市場で自分の価値がどのくらいあるのか気になるものです。なぜ自分が転職したいのかを明確にし、働きたい職種で自分が必要とされているかどうか、面接をする前に希望する職種で自分の能力を最大限に活かして仕事ができるかどうかを知ることが重要です。

自分の価値は個々のスキルや能力に応じて企業側が決めるものです。人間性なども含めて総合的に評価されるものなので、自分が行きたい会社に必要とされるスキルや能力が自分にあるかどうかを見つめなおす必要があります。必要とされる資格だけでなく、能力やスキルが高ければ企業側も必要する人材と判断して採用してくれる可能性が高まります。

診断で面接確約オファーが届く転職アプリ

ミイダスは、スマートフォン用適職診断アプリです。プロフィール、経歴や経験・スキルを入力すると自分の市場価値が診断・分析でき、約65,000社もの企業の中から自分を求める直接オファーが届く転職アプリです。しかも企業からのオファーは「面接確約」&「年収提示」です。もちろん無料です。診断するだけでも今後の転職のヒントになると思います。

ミイダスアプリ無料登録 ダウンロード

20代なら迷わず就職Shop

就職Shop

最大手リクルートが運営する、既卒や第二新卒、フリーターやキャリアの浅い20代の人物重視の就職支援サービスです。既卒者の正社員採用に限定した求人のみを扱っており、1人1人に寄り添い、納得いくまであなたの正社員就職をサポートしています。

就職Shopは、離職率が高い企業の応募は受け付けておらず、専任スタッフが現地に足を運んで取材した企業のみを紹介してくれるので、ブラック企業に捕まるリスクがありません、コロナ禍でも採用を継続している10000社以上の求人情報(8割は事務・技術・製造・接客販売・IT系と幅広く)豊富に保有していて、応募時に書類選考が無いので、”働いてみたい”企業の面接からスタートします。非常に効率的で、スピード就業が可能です。

すでに登録者は17万人を突破していて、就職決定した方の7割が正社員経験1年未満の若者です。様々な業界・職種の中卒・高卒・未経験OKの正社員求人があり、専任のキャリアコーディネーターが個別面談ののち、求人紹介から書類・面接対策までサポートしてくれます。

また就職ガイダンスやビジネスマナー講座、模擬面接会に職種・業界研究セミナーなど、利用者が就活や内定後の正社員として活躍できるためのサポートが充実しているのも特徴的です。

面談拠点は、【東京、千葉、埼玉、神奈川】【大阪・兵庫・京都】になりますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全ての面談を電話・リモートで対応しています。

就職Shopへ無料登録

社会背景から成長する業種を判断する

民間企業はいつも売り上げが右肩上がりではありません。景気などの社会情勢に左右されることが多いです。新型コロナウイルス感染症や少子高齢化が進んでいることを鑑みても、あらゆる業種の国内マーケットが縮小に向かっている中で、いかに新しい生活様式でサービスを提供していくかに注目が集まっています。

どの業種でも新しいサービスを開発し形にするために人材を必要としています。成長する分野に自分の能力やスキルを活かすことができれば、自分が思っている以上にやりがいを感じて仕事ができるはずです。これからの日本の在り方を見てどのようになっていくかを見極めて社会背景から成長するであろう業種を選んでください。

もし成長する業種のことが分からなければ、転職支援サイトなどのコンサルタントからアドバイスをもらって、失敗しない転職活動をするように心がけてください。