転職して年収600万円以上になりたい人へ!おすすめの仕事と転職方法を解説

「年収アップのために転職したい」と考える人も多く、年収アップを目的とした転職では、600万円以上を目標にする人が多いです。ですが、やみくもに転職しても、かえって年収が下がってしまうこともあります。

転職で年収600万円以上を目指すなら、年収レンジが高い仕事を選び、ポイントを踏まえて転職する必要があります。ここでは、年収600万円以上を目指せる仕事と、年収アップ転職の効率的なやり方を紹介します。転職で年収600万円以上を叶えたい人は、ぜひ参考にしてください。

年収600万円を目指せる仕事まとめ

年収600万円以上を目指せる業種・職種

IT業界/エンジニア

ITエンジニアは、大手企業の主任クラス以上になると、20~30代でも年収600万円を超えるケースが多いです。40代以上で次長や課長などに昇格できれば、年収1,000万円以上も可能です。

ただし、大手企業でも外資系企業の場合は、ITエンジニアの年収が低いことが多いので注意が必要です。特に、米国企業はITエンジニアの年収格差が大きく、年収1,500~2,000万円のエリート層がいる一方で、年収300万円のITエンジニアも珍しくありません。

生保・損保業界/営業

生保・損保業界の営業職は歩合給の割合が高く、頑張り次第で20代でも年収600万円以上が可能です。ただし、ノルマギリギリの成績では普通の会社員と変わらない年収になってしまうので、年収600万円を狙うなら、かなりの頑張りが必要です。

また、ノルマを達成できなかった場合は、一般的な会社員よりも収入が下がり、退職に追い込まれるので、その点は覚悟しておきましょう。

さらに、損保業界の場合は、会社の収入の半分は自動車保険なので、入社すると最初に自動車を買わされることが多いです。

メガバンク/営業

メガバンクの平均年収は、30代に突入すると800万円近くになり、30代後半から40代では1,000万円を超えます。特に年収が高いのは営業職で、中途採用でも年収1,000万円を狙えます

ただし、メガバンクは年功序列の意識が強いトップダウン組織なので、封建社会に適応できない人だとかなりのストレスが溜まります。全国展開しているので転勤も多く、自分の生活設計が立てにくいデメリットもあります。

製薬会社/営業

製薬会社のMRは年収が高く、平均年収は661万円です。特に、新薬メーカーの大手製薬会社のMRは年収が高く、20代で600万円を超えるケースもあります。30代以上になると、確実に年収600万円以上を狙えます

ジェネリックメーカーの場合は、新薬に比べると年収は劣りますが、サラリーマンの平均年収よりは高く、平均年収は600万円程度です。

上司とドクターの板挟みになる仕事なので、精神的にタフな人に向いています。入社後の勉強量も多いです。

医療機器/営業

医療機器営業全体では、平均年収が631万円です。医療機器営業は、商社とメーカーがありますが、高年収を狙うならメーカーに入社するのがおすすめです。

医療機器営業は商社よりもメーカーの方が歩合給の割合が高いので年収が上がりやすく、年収1,000万円以上の人も珍しくないからです。どれだけ売ったかが物を言うので、20代でも年収600万円以上が可能です。

特に外資系メーカーは年功序列がなく、実績がすべてなので、若手でも高年収を目指しやすいです。

不動産業界/営業

平均年収は600~1,800万円です。年齢に比例して平均年収が上がっていきますが、20代後半でも平均で568万円なので、頑張り次第では20代のうちに年収600万円も可能です。

大手企業になるほど年収が上がりますが、中小企業でも一般的なサラリーマンよりも年収が高く、平均696~768万円です。売買と賃貸なら、売買がメインの企業の方が年収が高い傾向があります。

ただし、ノルマが厳しく、ワークライフバランスとは無縁な仕事なので、心身のタフさが必要です。

コンサル業界/営業

外資系トップファームのコンサルタントなら、ITコンサルタント・戦略コンサルタントどちらの場合も、20代で年収600万円以上が可能です。年収が高い人だと、20代後半で1,000万円を超える人もいます。より高年収を狙えるのは、戦略コンサルタントです。

外資系コンサルファームは年齢に関係なく、役職ベースで給料が決まるので、若手でも高年収を狙いやすいです。また、コンサル業界自体が若手が多いので、出世も早いです。

ただし、実力主義なので能力が低い人は年収が低くなります。

総合商社/営業

大手総合商社の平均年収は1,137万円で、特に営業職は年収が高いです。実績次第では、20代前半でも年収600万円以上が可能です。30代後半になると、年収1,000万円を超える人も出てきます。

ただし、年功序列の意識が根強い儒教社会で、職場の飲み会も多く、突然の海外転勤も当たり前なので、向き不向きがハッキリ分かれます。また、採用のハードルが高く、英語で話せることが最低条件になります。

ちなみに専門商社は総合商社よりも年収が下がりますが、大手企業であれば一般的なサラリーマンよりも年収が高く、平均年収は800万円台です。

通信キャリア/営業

通信キャリアは年収500~600万円くらいがボリュームゾーンとなっており、大手企業では平均年収が800万円以上になります。

特に営業職は、個人やチームの実績に応じてインセンティブがつく会社を選べば、20代前半でも年収600万円超えが可能です。採用のハードルも低いことが多く、学歴や職歴などでフィルターに掛けられることが少ないです。

ただし、体育会系の職場が多く、飲みニケーションも頻繁なので、その点は覚悟が必要です。

プラント/エンジニア

専門性が高く、資格も必要になるので、他業界のエンジニアよりも年収が高く、年収のボリュームゾーンは600~700万円です。海外赴任が多いエンジニアでは、年収1,000万円以上も珍しくありません。40代になると、平均年収は600万円を大きく上回り、784万円です。

ただし、休みが少なく、全国への転勤に加えて長期の海外赴任もあるので、心身ともに強靭な人でないと務まりません。チームでプロジェクトを進めていくので、コミュニケーション能力も重要です。

年収600万円以上の仕事に転職する方法とは?

年収600万円以上を狙うなら現職と同じ業種・職種に転職する

転職で年収アップを狙うなら、現職と同業種・同職種で転職するのが基本になります。その方法がもっとも、人材としての価値が高く、年収アップしやすいからです。

ですが、現職が年収600万円を目指すのが難しい業界の場合は、異業種に転職する必要があります。異業種転職の場合は、職種は変えずに、年収レンジの高い業界に転職します。この方法なら、これまでの経験やスキルを活かせるので、年収600万円以上を狙うことができます。

年収600万円以上の求人を効率よく探すには転職エージェントを利用する

転職で年収が下がる人も多いので、年収アップのコツを踏まえて転職することが大切です。転職で年収アップするには、求人選びと年収交渉が重要なポイントになります。

年収アップ転職を狙いたい場合は、まず高年収の求人情報を入手する必要がありますが、転職エージェントで求人を紹介してもらう方法が、もっとも確実で効率がよいです。

転職エージェントでは、他の求人媒体では閲覧できない、高年収の非公開求人を紹介してもらえるからです。また、年収交渉も転職のプロが代行してくれるので、自力だけで転職するよりも年収アップしやすいです。

年収アップが目的の場合は、年収交渉に強い転職エージェントを選びましょう。

type転職エージェント

type転職エージェント

人材紹介会社としての歴史が古いので、企業とのパイプが太く、年収交渉に強い転職エージェントです。求人企業は中小・ベンチャーが中心ですが、良質な求人が多く、非公開求人や独占求人も豊富です。特に、非公開求人の質が高いことで定評があります。

業種・職種としては、IT・Web系、営業職の求人に強いです。1都3県の求人がメインなので地方求人は少ないですが、サポートが親身で丁寧です。年収の希望などもしっかりヒアリングしてくれます。

type転職エージェント公式サイト

まとめ

転職で年収600万円以上を狙うなら現職と同業種・同職種に転職するのが基本です。ですが、現職が年収の低い業界の場合は、年収レンジが高い異業種に転職する必要があります。異業種に転職する場合も、職種だけは現職と同職種を選んだ方が年収アップしやすいです。

また、交渉次第では、求人票に書かれている年収よりも高い年収をもらえる場合もあります。求人媒体は転職エージェントを利用すると、高年収の非公開求人を紹介してもらえるので効率がよく、年収交渉も代行してもらえます。

関連記事実際に使って比較!転職エージェントおすすめランキング