手に職があると転職をするのに有利ですし、年を取っても安定して仕事を続けられます。その点で、営業職・販売職というのは有利な職種と言えます。というのも、どの業界、どの企業においても営業という業務はなくてはならないからです。

企業として提供する製品やサービスがいくら良くても、それをお客様に紹介して売ってくれる営業や販売職がいなければ売上につながらないというわけです。そのため、どの企業も優秀な営業人材を求めて、求人をかけてくることになります。こうしたことから、求人情報を見るとたくさんの営業関連の案件を見つけられるのです。

営業職・販売職の仕事内容と向いている人とは?

営業職・販売職は冒頭にあるように、どの企業においても必要とする職種です。自社の製品やサービスを必要とする顧客層を分析し、その層にアプローチしていきます。その上で、戸別訪問や電話、メール、Web、SNSなど様々な媒体を駆使して商談を行っていきます。

こうして、製品やサービスの魅力を伝えて購入してもらうのです。ここには、単に商品の良さを説明するだけでなく、ターゲットとなる顧客の悩みや課題を知り、それを解決するというプロセスが必要となります。

実際の営業や販売業務にはいくつかの種類があります。まず、売る対象がどこかによって個人営業か法人営業かの違いが出てきます。一般個人を対象とするのと、企業を相手にするのではアプローチの仕方も売る単位も明らかに違うので、異なるスキルが求められます。

さらに、自分の方からターゲットに行って売り込みをするケースもありますし、ショールームや店舗を構えてそこに来る人に購入を勧めるという手法の違いもあります。

また、どこに所属して営業や販売をするのかという点も大きな違いとなります。いわゆるメーカー営業と呼ばれるタイプは、自社で作っている商品を売ります。そのため、会社のブランド力が非常に重要になってきますし、自社製品についての高い知識が求められます。基本的に他社の製品は扱いませんので、扱う品目の種類は限定されます。

代理店営業や販売店と呼ばれるタイプは、メーカーと契約を結んで販売の一つのチャンネルとなる手法です。契約の内容にもよりますが、代理店は複数の企業の商品を扱っていることが多く、より選択肢が豊富にあります。とはいえ、決まった企業の商品ばかりとなりますので、扱う商品についての高い知識と販売ノウハウを蓄積しやすいというメリットがあります。

商社営業は、特に販売する商品やメーカーの制約がありません。そのため、得意とする分野の商品、利益の高い商品であればなんでも売ることができます。その分、幅広い選択肢を持つことができるのです。一方で一つの商品に集中しているわけではないので、商品知識や販売ノウハウが低いことがあります。

こうした異なるタイプの営業形態がありますが、共通しているのはターゲットにアプローチして売り込みができる積極性が求められるということです。また、人と接することが好きという人が向いています。実際に営業や販売をしていると、断れてしまうことが多いです。

そのため、精神的なタフさが求められるという点も営業として成功するために重要です。さらに、人間関係を広く持てる人も営業職・販売職に向いています。営業形態にもよりますが、人脈を使って宣伝をしたり新たな販路を開拓したりすることで、より効率よく顧客を見つけられるからです。

不動産営業の特徴と仕事内容とは?

不動産営業は、通常の営業職とは多少異なる性質を持っています。不動産の売買や賃貸を専門とするため、不動産関連の法令知識や土地や建物そのものについての知識が必要とされます。また、不動産業界特有の商習慣が多く存在しますので、それに通じていないといけません。

そのため、同じ営業職でも、不動産営業は転職するにしても常に不動産関連の会社に入ることがほとんどとなっています。一口に不動産営業と言ってもいくつかの種類があります。賃貸仲介は、マンションやアパートなどの物件オーナーの依頼を受けて、入居者が部屋を借りるように仲介する仕事です。

基本的には、自分たちでアプローチをして入居者を見つけるのではなく、店舗やホームページなどを訪問してきた顧客に紹介して営業をする形となります。また、それほどノルマが課されることもないため、プレッシャーを感じずに仕事ができるというメリットがあります。そのため、ある程度自分のペースで仕事がしたいという人に向いています。

不動産販売の仕事は、自社で持っている、もしくは購入したり開発したりした物件を直接販売する営業職です。土地を購入して住宅を建てた上で販売するビジネスモデルを採用している企業からの求人が多く見られます。より積極的にアプローチをすることが求められ、自分で顧客を見つけてこないといけないことも多いです。

また、ノルマが課せられることもあります。そのためプレッシャーはありますが、その分売れた時のインセンティブが高く高収入を得られるのがメリットとなります。

販売仲介の仕事は、自社保有の物件ではなく、企業や個人が持っている土地や建物を売りたいという要望に応じて買い手を見つけてきます。この場合、不動産会社の営業方針や依頼者の要望によって、積極的に売り手を探すのか、待ちの姿勢で顧客を見つけるのかが変わってきます。

仲介業では、単に顧客を見つけるというだけでなく、売買契約の締結やローンの紹介など、取引をまとめるためのサポートを全面的に行うことが多いです。それだけ法令や契約についての高い知識が求められることになります。

不動産業界に強い転職サービス

リクルートエージェント

リクルートエージェント

日本最大級の転職エージェントで、求人数No.1、転職成功実績No.1の最大手リクルートエージェントです。拠点も全国主要都市に16箇所あり、地方の求人も豊富です。対応できる業種・職種が幅広く、質の高い不動産業界の求人を数多く保有しています。

不動産業界に精通したキャリアアドバイザーが、丁寧なキャリアカウンセリングであなたの経歴・スキル・実績を把握し、希望に沿った求人を紹介してくれます。また適切な年収額を提示して、可能な限り年収アップを図ってくれます。

キャリアアドバイザーの履歴書や職務経歴書のまとめ方など、採用情報を加味した応募書類の添削や面接対策アドバイスも実践的で、面接力向上セミナーなど無料セミナーも充実しています。

転職先で活躍できることを目標に、またその後のキャリア形成も考えてのサポートしているので、転職後の退職率がわずか4%以下は特筆すべき点です。転職サポートの流れもスピーディーなので、今すぐ転職したい人も頼りになります。土日の相談が可能なのも有難いですね。

リクルートエージェントへ無料登録

20代営業転職に特化した転職サービスの特徴とメリット

営業職は実績さえあれば、好条件で転職できることが多いです。そのため、若くてもキャリアアップしやすい業界とも言えます。こうしたことから、20代営業転職に特化した転職サービスがいくつも見られます。商材によっては若くて活気のある営業マンの方が向いているということもあって、企業も20代を積極的に採用したいと思っているからです。

20代営業転職に特化した転職サービスでは、営業実績を持っていれば、新しい業界にチャレンジする人を歓迎するなど、柔軟な条件設定をしている案件を見つけやすいです。また、転職が初めてという人も多いため、専属のコンサルタントが付いて、しっかりと転職活動をサポートしてくれます。自分に合った転職先を見つけるために転職のプロとしての立場からアドバイスを与えてくれます。また、自分のスキルを効果的にアピールできるように、面接対策などをしっかりとしてくれます。

営業職に特化した、いい求人net

転職エージェントサービス「ユーザー満足度部門」で4年連続一位を獲得している”hapeエージェント”が運営する20代、30代の若手営業職に特化した成功報酬型求人メディアです。

他の転職支援サービスでは取り扱っていない優良企業の営業職求人と6項目20カテゴリーの評定やその他規定をクリアした、安心して働ける「いい求人認定企業」を多数掲載しています。

営業職に精通したプロのキャリアコンサルタントによる転職支援サービスは、求人案件の紹介だけでなく、模擬面接や希望先企業に合わせた面接指導を受けることができます。

さらに、応募書類や面接の日程調整、交渉しにくい給与や待遇に関しての交渉も代行して行ってくれるなど幅広いサービスを受けられる点もいい求人netの大きなメリットです。リクルートエージェントなど大手エージェントと並行して利用するのがおすすめです。

※全国対応、30代までの受付です。

いい求人netへ無料登録

転職エージェントを賢く使って転職を有利に進めよう

営業職・販売職で転職を考えているのであれば、転職エージェントを活用した方が有利です。転職エージェントは、一人一人にアドバイザーが付いて企業のマッチングをしてくれます。今までの実績や営業分野、経験年数、転職先の希望などを考えて、より活躍できる企業を紹介してくれます。

そして、実績をしっかりと見てもらえるように、職務経歴書の作成などを手伝ってくれます。内定が決まってからも、年収面での交渉を代行してくれたり、入社日の調整をしてくれたりします。自分一人ではできないようなより好条件での転職をするために、最初から最後まで丁寧なサポートをしてくれますので、賢く活用したいものです。