数ある営業職の中でも、比較的人気の高い「企画営業職」。企画を扱う仕事であるため、顧客とのコミュニケーションに加え、自社チームとのやり取りといったコミュニケーションスキルも必要とされる仕事なので、やりがいも大きい分、忙しさもある仕事です。

そんな企画営業職の仕事ですが、転職する際にはどのようなポイントが必要となるのでしょうか。本記事では、企画営業職への転職を成功させるための方法や実際にアクションを起こすまでの注意点、ポイントについてまとめてみました。

企画営業職の仕事内容とは?


営業という仕事にも様々な種類や業種が存在します。一般営業や販売営業、ルート営業といった具合に、職種に「営業」と名がついていても、仕事内容はそれぞれ違った、色々な営業職が存在します。その中の一つ、企画営業職という仕事は、同じく営業と名のつく仕事であるため、一般的な商品販売などの営業と同じ感じに見られますが、実は少し違いがあります。

そこでまずは、企画営業職またはコンサルティング営業職と呼ばれるこの仕事は、どのような仕事内容なのかを理解していくようにしましょう。

「企画」を扱う営業職

簡単に言うと、企画営業職という仕事は、主に「企画」 を扱う仕事になります。販売営業が「商品」 を扱うのと同じく、企画営業職では企画を提案・販売していくのが、主な仕事内容となるのです。

「企画」 って何?と思う方も多いかと思いますが、業種によって企画の内容も変わってきます。たとえば、メインに販売するのが「商品」 である場合、企画はその商品に対しての企画となりますが、メインに販売するのが「イベント」である場合には、企画はイベントの内容などの企画となります。

形のないものを販売する難しさ

販売営業と何が違うの?と感じるかもしれませんが、物を販売するのに対し、企画営業職では、その物を売るための導線を引くことや、その物を売れるための施策などを企画し、それを販売していくのが仕事となるため、実際には形としての「物」 がない営業と言えます。

営業職では、物を売る営業よりも、形のない「もの」を売るほうが、多くのスキルが必要だと考えられています。企画営業職は、形のないものを売る仕事になるため、難しさもありますが、やりがいも大きい仕事と言えるでしょう。

企画営業職に必要なスキル・適正


物を売らず、企画という形のないものを販売する企画営業職。前述のように、形のない物を売る営業には、企画営業職のほかにも保険営業職やリフォーム営業などがありますが、いずれも難しそうな営業というイメージが強いですよね。

そんな難しそうなイメージも強い企画営業職ですが、必要とされるスキルや向き・不向きと言った適正はあるのでしょうか。

コミュニケーションスキル

企画営業職に求められるスキルや適正ですが、一番に大切になってくるのが人とのコミュニケーション能力。企画営業職は、一人で動き回る仕事ではなく、クライアントがいて、さらには自社チームで対応するなど、たくさんの人と関わる仕事です。

企画営業職では多くの人と関わり、しっかりと自分の意見を伝えながら、相手の意見や要望をまとめ上げる必要があり、顧客と会社を繋ぐパイプのような大事な仕事です。そのため、人とのコミュニケーションスキルは必須のスキルとなるでしょう。

性格によっては向き・不向きも

コミュニケーションスキルのほかにも、顧客の抱える問題をくみ取る能力や、社内チームとのやり取りを円滑に行えるようなスキルも大事になります。そのため、納期を守れないようなだらしない性格や、一人行動が好きといった性格の方には不向きの仕事かもしれません。

しかし、こうした性格や能力も、仕事で鍛えられる部分ではありますので、まずは企画営業職に就きたいという強い思いがあれば、自ずとこうした適性も養われることでしょう。

企画営業職に転職する方法とは?


男性・女性問わずに人気の高い企画営業職ですが、転職となるとどのような方法がベストなのでしょうか?

転職エージェントを利用しましょう

あなたが望むような形で理想的な企画営業職に就くためには、転職エージェントを利用するのが得策と言えるでしょう。転職エージェントは、あなたのこれまでの経験やスキルを考え、より適した転職先へと導いてくれるものです。

また、転職先にもあなたという人材が紹介されるため、双方にとってより確実な方法で転職が行えるのも、転職エージェントをおすすめしたい理由となります。

無駄な労力はかけずに

転職エージェントを使わずに自ら転職先を探すこともできますが、なかなか思ったように進まないのも転職の難しさです。転職先が決まらない焦りから、思っていた業種に転職することができなかったという事態にもなりかねません。

転職を行う際には、転職エージェントを利用しましょう。あなた自身は、転職に向けての用意や自分磨きに時間をかけてみるのも大事な方法です。無駄に労力をかけずとも、転職エージェントで最適な転職先を探してもらうようにしましょう。

面接で効果的な志望動機、自己PR


転職を試みる場合には、転職エージェントを利用するのが最適な方法となりますが、あなた自身は転職に向けて、しっかりと用意を行う必要があります。その一つが、面接の準備です。

面接では、志望動機や自己PRといった内容が、当たり前のように問われるでしょう。そういった当たり前の答えに、しっかりと答えることができなければ、転職も上手く成功しないでしょう。では、面接で押さえておくべきポイントについて、調べてみましょう。

志望動機と退職理由は混ぜて話す

面接では、当然のように退職理由や志望動機について聞かれるでしょう。より効果的な答えとしては、志望動機と退職理由を混ぜてしまうことです。

退職理由は、転職先の仕事に就きたいためというのが一番の理由になりますので、前職での経験を活かし、さらなる高みを目指すために転職先へと志望した、というのが理想的でしょう。退職理由は、場合によってはイメージの悪い話になりかねません。できるだけ、志望動機と混ぜて話すようにし、プラスのイメージで乗り切りましょう。

言葉選びは慎重に

退職理由に関しては、面接相手も大方、予想がついていることでしょう。それよりも、あなたの言葉選びの上手さや、どのようにまとめられるかを見られていると思いましょう。

答えは一つではありませんが、企画営業職でやっていくためには、しっかりとした返答や言葉選びの上手さも重視されます。

あなたがどれだけ企画営業職に就きたいのか、どうして企画営業職を選んだのかを存分に伝えられるチャンスだと思い、ストレートな気持ちをぶつけてみましょう。

自己PRではコミュニケーションスキルをアピール

自己PRについては、あなたが企画営業職に向いていると感じさせるような、高いコミュニケーションスキルを面接では見られていると思いましょう。

「私は明るい性格です」 といった単純な答えはNGです。ここでは、前職での経験や出来事を交えて、あなたがどのように動き、どのように対処してきたのかなど、具体的な話の方が効果的です。もしくは、あなたが一番印象に残っている成功事例を話すのも良いですが、時には失敗事例から学んだことを話すのも、印象的には良いかもしれません。

話題のチョイスで印象に残す

失敗事例を話す際には、「ああしたら良かった」 といった話ではなく、「失敗したことで、あることを学んだ」 といった話をすることで、失敗からも学習できる人なんだなという印象を与えられるでしょう。

良いことばかりを並べがちな面接での話ですが、話の内容のチョイス次第では、失敗談とそこから学んだ教訓を語ることで印象に残せるかもしれません。ただし、内容はしっかりと吟味するようにしましょう。

求人票の言葉に騙され、大手ブラック企業に入社しないためには?


「企画営業」 という営業職は、本来、前述してきたような営業内容でありますが、近年ではこの「企画営業」 という職種が、どんな職種なのかわからないといったイメージも強くなっています。その原因の一つと言えるのが「ブラック企業」 の存在でしょう。

ブラック企業は、表向きではわからないために、実際に転職する方が十分に気をつけなければいけないことでもあるのです。そのためには、どのようなポイントに気をつけると良いのでしょうか。

企画営業職募集という文字だけに騙されないように

企画営業職は、営業の中でも比較的人気の高い職種になりますが、ブラック企業の求人募集にも「企画営業職」 の職種名で募集がかけられていることが多いです。しかし、実際は飛び込み営業であったり、過酷を強いられるような仕事内容の場合もあります。

単純に企画営業職募集と書いてあっても、まずはその会社の事業内容や労働条件などを熟考する必要があります。

人気がある企画営業職がゆえに

これは、企画営業職が人気であるがゆえに、募集を集めやすいことが原因になっています。表向きは企画営業職で募集し、実際に入社してみると下積みから働かされ、ゆくゆくは企画営業職への道も、といった方法で募集しているブラック企業も多いようです。

ブラック企業に入社しないためには、まずは転職を考えている会社の情報をしっかりと確認するようにし、毎回掲載されているような企業でないか、悪い噂は立っていないかなど、最低限のリサーチは行うようにしましょう。

まとめ

企画営業職への転職を成功させるためには、まずは自分自身の方向性をしっかりと見極め、どのような仕事をしていきたいか、どのような業種の企画営業職に就きたいかをまとめてみましょう。こうした考えをまとめた上で、転職エージェントで企画営業職の転職求人を探すのが効率的でしょう。

また、現在の仕事で何をやってきたか、どんな仕事に携わってきたかもまとめておきましょう。企画営業職は、あなた自身が武器となる仕事です。高いコミュニケーションスキルを持つ方や、色々な経験をプラスに変えられるような人材が好まれます。面接時でも慌てず、しっかりと自分の言葉で語れるような人材を目指すようにしましょう。