転職が気になり始めたら

天職という言葉がありますが、自分が好きでしかたのないことを生涯の仕事とできて、なおかつ日々の業務を楽しみ、さらに結果までしっかりと出すという、申し分のない社会人人生を歩めている人は、毎日が充実していて幸せであることは間違いないでしょう。しかし、そのような恵まれた状態にある人は少数派ではないでしょう。なぜなら、実力もあって、努力を怠らずに一層向上し続けたとしても、運や周囲の人間関係など、自分ではコントロールが難しい要因にも左右されるからです。

仕事への満足度が100か0という両極端なことはないでしょうが、満足度10である人が満足度80の同僚を見れば生き生きと輝いて見えますし、自分はこの仕事に向いているのかどうかを疑うようになってもしかたのないことです。どうしても前向きに仕事に取り組めない日々が続けば、当然のことながら、今の仕事を辞めて転職しようと考えることでしょう。

転職は諸刃の剣

現代の日本において、かつての終身雇用が暗黙の了解であった時代と比べて、転職に対する負のイメージは格段に少なくなりました。欧米社会のように、転職を繰り返すことでキャリアップしていくスタイルも、一部の業種から徐々に、より広範囲に浸透してきた印象もあります。社会が転職を許容する雰囲気になってくれば、自分も転職してみようかなと、わりと軽い気持ちで転職を考える人が増えても不思議ではありません。

とは言え、転職がいくら容易になったからと言って、それほど簡単に試みてもいいものでしょうか?確かに年収がアップしたり、ポジションが上がって実質的な昇進が叶ったり、と転職することで得られることも多いでしょう。しかし、転職はチャンスであると同時に、リスクを負うことでもあります。好条件につられて転職してみた結果、その仕事が実は根本的に向いていないとか、これまでの経験やスキルを発揮しきれる環境でなければ、その後の社会人人生が困難になる可能性もあるということです。

しっかりと事前に検討することは当たり前に行うでしょうが、自分自身では十分と思っているその検討が実は全く不十分で、こんなはずではなかったというケースは少なくありません。難しく考えすぎて一歩も動けなくなる必要もありませんが、転職を行う際の最低限の検討として、今の仕事が果たして本当に自分に向いてない仕事なのかを熟考すべきです。そもそも、自分に向いてる仕事とはどのような仕事かを定義できるでしょうか?

転職活動を始める前に

第一に考えることは、今の仕事が好きかどうかでしょう。好きこそものの上手なれと言うように、好きであるからこそ、努力を苦とせずに継続できる側面はあるでしょう。根本的なポイントですが、特に長い目で見た場合に非常に重要です。

分かりやすい判断材料として、仕事で誰かから感謝されたり、称賛されたりしているかを改めて考えてみましょう。多くの顧客やパートナー、または社内の同僚たちから感謝されていれば、きっと自分に向いてる仕事だと言えるでしょう。そうした感謝や称賛は翌日への大きなモチベーションと活力にもなりますし、ポジティブなスパイラルを生むことが可能です。今の仕事にそうしたやりがいを感じられる感謝や称賛があるかどうかを振り返ってみましょう。

そして、今の仕事が自らの社会人としてのキャリアップにつながっているかどうかも重要な要素です。いくら楽しくても、経験もスキルも蓄積されず、レベルアップへの階段が用意されていないならば、たとえ長期的に続けても、キャリアの面では時間の無駄に終わってしまいます。自分が社会的地位という面でも成長していくことが可能かどうかも検討する必要があるでしょう。

転職は中長期的に考える

判断するポイントは、中長期的に想像してみることです。たとえば、5年後や10年後に今の仕事を続けていたら、どのようなポジションでどんな業務を行っているかを具体的にイメージしてみましょう。全く同じ姿しか想像できなかったり、逆に何のイメージも湧いてこないようであれば、それは自分に向いてる仕事とは言えない可能性が高いということです。

ただし、そうした状況も100か0かで割り切って測れるものではありません。向いてる仕事と言える面もあれば、向いてない仕事としか思えない事象もあるでしょう。そうした一部分をピックアップして誇張することは、判断をする上でのリスクです。そこで、今の仕事が好きか、またキャリアップにつながるかを検討する過程で、今の仕事のこういうところが不満だという点に気付いた時に、その改善は可能であるかという検討を加える必要があるでしょう。

たとえば、それが人間関係であるならば、課や部署を移動することが可能かどうかを検討しましょう。もしその移籍によって特定の人間関係から解放されるならば、転職を行う前に、より簡単に状況を改善できるはずです。

もし英語を使った仕事をしたいという希望が強くなって、語学力を生かせる仕事に転職したいと思ったのなら、果たして社内には英語を使って働ける部署はないのかを再検討してみましょう。その過程において、自ら積極的に海外との折衝を行うことで新規の販路を開拓するなど、新しいビジネスの種をまくことになるかもしれません。今の会社のリソースに英語という新しい要素を加えた時に、今までは気付かなかっただけの新しいアイデアが見つかるかもしれません。

もし見つけることができれば、あとは社内に向けてプレゼンを行い、自分が旗を振りながら新規のプロジェクトを立ち上げることも考えられます。もしそれができれば、これまで培ってきた今の会社での信頼と実績を生かしながら、英語を使った仕事ができるようになるのですから、転職して人間関係を一から構築しながら英語を使える仕事を覚えるよりも、難易度は低いと言えそうです。

適職診断を受けてみよう

今の仕事を見直してみても、考えれば考えるほど分からなくなって、転職をするかどうかに迷った場合は、適職診断を受けてみることが状況の打破に役立つかもしれません。

適職診断とは、数十個のランダムに用意された質問に回答していくことで、自分自身では気が付かなかった自分の性格や適性のある職種について、より客観的な分析結果を得られるツールです。多くのサービスがウエブ上に存在していますが、信ぴょう性の高いサイトもあれば、分析結果がぼやけていて何も有用なアイデアを得られないサイトもあるので、まずは情報収集を行い、自分に合ったサイトを見つけましょう。

また、実際にハローワークに行って登録すると使用できる適職診断の評価が高いので、自分自身を知るための詳しい情報が欲しい人や、適職を診断するための正確で詳細な分析結果を求めている人には最適でしょう。

具体的なイメージを得るために、診断制度が高いとされたサイトでの具体的な流れと結果の例を見てみます。仕事に関係のある、または一見全くなさそうに見える30〜50個の質問に、5段階で回答します。その結果、性格の強みと弱み、性格のタイプの傾向、向いてる仕事、強みを生かせる職種などについて、グラフなどで視覚的に情報を得ることが可能です。

自己評価では人見知りもするし、緊張しがちなために周囲をサポートする事務方の仕事が適正だと思っていたら、人を指導するインストラクターの仕事に適正があると分析され、自身の中で納得感を得られたので、実際にコーチとしての職を得て毎日が充実しているというケースもあるようです。

転職サイトの適職診断を試してみる

リクナビNEXTのグッドポイント診断

リクナビネクスト

「親密性」、「冷静沈着」、「受容力」など、18種類の中から自分の強みを5つ診断してくれます。客観的に判断した結果ですので、自分では何とも思っていなかった部分が実は長所だったりと、新しい発見もあります。適職を探すためだけでなく、自己PRなどにも役に立ち、リクナビNEXTでは応募時に診断結果を添付することで自分の強みをアピールできます。

リクナビNEXTグッドポイント診断

doda適職タイプ診断

doda転職タイプ診断

あなたはどんなことを大切にするタイプか?、最近の仕事への満足度など 3ステップであなたの”仕事探しの軸”と”いまの満足度”が診断されます。現在の会社の満足度、不満度などから、転職おすすめ度が提示されます。
自己分析にも活用でき、仕事選び・適職探しのヒントにはなります。

dodaへ無料登録

Re就活 適職診断テスト

Re就活適職診断

日本エニアグラム学会 前理事長が開発した診断テストです。仕事の強み・適職を9つのタイプに分類して向いている仕事&不向きな仕事や自分の強み等が分かる。行動特性診断では自分の価値観、仕事・生活のスタイルが分かります、マッチした企業を探すヒントになりますし、現在の生活に役立つ診断結果は5000文字分あり、自己PRのネタにもなります。

Re就活へ無料登録



転職エージェントに相談してみよう

転職については、家族や友人、実際に転職をしたことがある人など、周囲の人の意見を聞くことがとても役立ちます。実際に転職を経験している人の話はもちろん、その業界で働いている人など、経験プラス客観的な視点を持つ人はとても貴重なアドバイスをもらえます。

自分を客観的に見てもらえる、という点では、転職エージェントのサービスに登録することをお勧めします。転職エージェントは、担当制を取っているので、客観的な意見を求めることもできます。転職を希望している人の独りよがりになりにくく、自分では気づくことができない可能性に気づくこともできます。

ハローワークなどで適職診断テストを受けた結果についても、転職エージェントの担当者に伝えてみてください。プロならではの視点でアドバイスがもらえるので、適職診断テストの結果を効果的に生かすことができます。

転職実績No1リクルートエージェント

リクルートエージェント

国内最大手で内定決定数はNo.1を誇る、大量の紹介案件が確実な総合転職エージェントです。求人企業は若手からベテランまで幅広い社会人を得意とし、営業力の高い担当キャリアアドバイザーとスピード感のある転職活動が可能です。大手優良企業の非公開求人も豊富で、第二新卒でリベンジ転職、30代のキャリアアップ転職を狙う人におすすめです。

各業界事情に精通した470名以上のキャリアアドバイザーが、丁寧なキャリアカウンセリングであなたの経歴・スキル・実績を把握し、希望に沿った求人を紹介してくれます。また適切な年収額を提示して、可能な限り年収アップを図ってくれます。

キャリアアドバイザーの履歴書や職務経歴書のまとめ方など、採用情報を加味した応募書類の添削や面接対策アドバイスも実践的で、面接力向上セミナーなど無料セミナーも充実しています。拠点も全国主要都市に16箇所あり、求人も全国に対応しており、土日の相談が可能なのもうれしいです。

リクルートエージェントへ無料登録

未経験転職でも対応が丁寧なワークポート

転職サービスの各種ランキングで常に上位のワークポート。IT・ゲーム業界に強いですが、営業・事務・管理職等、ベンチャーから大手企業・地方の求人まで既卒から40代まで幅広い求人を数万件保有しています。

豊富な求人案件を活かし、未経験転職でも求人案件をどんどん紹介してくれるのもワークポートの特徴です。迅速に豊富な選択肢を得られるのが魅力です。スピーディーに進めたい人、たくさんの案件から選びたい人におすすめです。

ホテルのコンシェルジュをイメージして、キャリアコンサルタントを「転職コンシェルジュ」と呼ぶのが特徴で、サービスのクオリティーが高く、キャリアが浅くても気持ちよく転職活動ができると評判です担当コンシェルジュとの相性が悪いと感じた場合は、変更が可能と名言しているユーザー重視の転職エージェントです。

求人は全国対応で拠点も全国14箇所あり平日の夜や土日の相談も可能で、対応も早いのでスムーズに転職したい人には最適の転職エージェントです。
※現在、サービス業・一般事務系20代、営業・サポート・電気機械系30代前半、金融不動産系30代、経営コンサル・企画・管理系40代前半、ITコンサル/PM/SE/PG系40代、建築設計土木50代まで受付中です。

ワークポートへ無料登録

第二新卒・既卒・フリーターでも書類選考なしで100%正社員求人! DYM就職

DYM就職

経験の浅い第二新卒・既卒・フリーター向けの人柄重視な転職エージェントです。一部上場企業、トップベンチャー企業等2500社以上の優良企業の正社員求人から経験豊富なキャリアアドバイザーが個別相談で希望にマッチした求人を紹介、経歴や学歴に不安があっても書類選考なしで面接からスタートできる。100%正社員求人で、最短1週間でのスピード入社も可能です。

未経験OKな求人が多数ありますが、ブラック企業は徹底排除されているので安心です。
就職成功者は14,000人以上、利用者の満足度は90%以上!! 面接対策等一人ひとりに合わせた徹底サポートで内定決定率の高さを実現しています。LINEで転職診断もやっています。

全国対応(32拠点)18歳から35歳までの方。面談は、平日22時まで土日も可能です。
面談場所は、東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡他です。(オンライン面談で全国対応)

DYM就職へ無料登録

リクルートが本気で正社員転職を支援する、20代なら迷わず就職Shop

就職Shop

最大手リクルートが運営する、既卒や第二新卒、フリーターやキャリアの浅い20代の人物重視の就職支援サービスです。既卒者の正社員採用に限定した求人のみを扱っており、1人1人に寄り添い、納得いくまであなたの正社員就職をサポートしています。

就職Shopは、離職率が高い企業の応募は受け付けておらず、専任スタッフが現地に足を運んで取材した企業のみを紹介してくれるので、ブラック企業に捕まるリスクがありません、コロナ禍でも採用を継続している10000社以上の求人情報(8割は事務・技術・製造・接客販売・IT系と幅広く)豊富に保有していて、応募時に書類選考が無いので、”働いてみたい”企業の面接からスタートします。非常に効率的で、スピード就業が可能です。

すでに登録者は17万人を突破していて、就職決定した方の7割が正社員経験1年未満の若者です。様々な業界・職種の中卒・高卒・未経験OKの正社員求人があり、専任のキャリアコーディネーターが個別面談ののち、求人紹介から書類・面接対策までサポートしてくれます。

また就職ガイダンスやビジネスマナー講座、模擬面接会に職種・業界研究セミナーなど、利用者が就活や内定後の正社員として活躍できるためのサポートが充実しているのも特徴的です。

対応地域は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県です。
全ての面談を電話・リモートで対応しています。

就職Shopへ無料登録