知財の仕事に関心があって、自分の経歴から転職可能かどうか確認したい、転職のために何をしたらよいか知りたいという人のために、知財の仕事の基本事項をまとめました。知的財産分野の仕事内容や、求められるスキル失敗しない知財の仕事の選び方について紹介しています。知財の仕事に興味を持っている方は参考にしてください。

知財の仕事内容・年収・将来性は?

専門性が高く粘り強さが求められる仕事

知財は知的財産の略で、製品や技術、ブランドなど自社の発明を知的財産として権利化し資産価値を守ることが仕事です。また情報を収集し調査を重ね自分の企業が他社の権利を侵害していないかどうかをチェックする役目も担います。

知財の仕事はインテリジェンスで華やかなイメージを持たれることがありますが、書類と向かいあう時間が多い地道で粘り強さが求められる仕事です。管理部門の中でも専門性の高い仕事でやりがいのある仕事といえます。

知財の業務範囲は広い

明細書の作成と中間処理

自社のアイデアや技術の特許を取得する歳、特許庁より定められている出願書類を揃える必要があります。その中に明細書と呼ばれている、特許を求める技術を解説する書類を作成することがあり、知財の仕事ではその明細書の作成が欠かせません

また特許出願のため特許庁とやり取りを重ねることを中間処理と呼びますが、中間処理の実務も知財の仕事の大きな比重を占めています

知財戦略・訴訟対応・社内教育

知財の仕事は特許取得だけでなく多岐に渡ります。特許を取得した技術を使って利益を得る戦略を練ったり、他社から特許を侵害されたり、逆に他社の特許を侵害した場合の係争・訴訟の対応も法務部との連携で対応します。自社の社員に知的財産の理解を深める研修を行うことも業務範囲に含まれています。

働く場所は企業の知財部か特許事務所

知財に関する仕事は企業の中の知財部で働く道と、特許事務所で働く道とがあります。どちらを選んだとしても法律と技術の両方の理解が必要です。企業知財部は、業務の幅が広く多様なスキルが身につきやすい、特許事務所では知的財産管理の専門知識が身につきやすいという特徴があります。

年収は平均より高く、人の出入りの多い仕事

知財の平均年収は511万円と全体平均を上回り、高い年収を手にできる仕事といえます。弁理士の資格や語学スキルを身につけると、さらに収入アップが見込めます。高い専門性がもとめられるため、一人前の仕事をこなせるようになるまで時間がかかる職種ですが、キャリアアップのために転職を経験する人も多く、どちらかというと人の出入りが多い仕事といえます。

ワークライフバランスが取りやすいデスクワーク

労働環境は所属する企業や事務所によって大きく異なります。仕事量が多く激務の職場もありますが、他の業種と比べると土日の定休にしっかり休みやすい仕事です。仕事のスタイルはデスクワークがメインで、年齢が上がっても身体に負担がかかりにくく仕事を続けやすい職種です。

知財スタッフから弁理士まで

知財スタッフからキャリアスタート

企業の知財部の場合、まず研究職や開発を経験した後、知財部に配属されるケースがほとんどです。知財スタッフとして、特許の明細書作成や中間処理の業務にあたったり、係争や紛争の処理や知財の戦略的な利用法を考えたりします。

弁理士として独立の道も

特許事務所では特許事務で仕事の流れを覚え、明細書作成や中間処理をこなし、弁理士資格をとる、という流れがあります。特許事務所でスキルを積み、弁理士として独立したり、企業知財に転職したりする人もいます。

未経験から知財に転職する方法

求められるスキル

技術分野の知識と理解

知財スタッフには、法的な知識と同時に扱う技術分野の深い理解が求められます。特にものづくりの企業では、理系の学部出身者がまず研究職や開発職に在籍して、技術に関する知識を身につけ、その後知財に異動になるケースがほとんどです。

語学力

知財では国内だけでなく海外でも特許の権利化をおこない、自社の製品とブランドを守ります。法律用語や技術に関する専門用語を含む高いレベルの外国語の読み書きスキルが要求されます。

論理的思考力

法律と技術の理解に論理的にものを考える力は不可欠です。また特許の権利を得るために、形のないものを説明し特許庁の審査基準を満たすように文章にまとめる点でも知財スタッフには論理的思考力が求められます。

有利になる資格

弁理士

特許の権利化の専門家で、出願に関する事務手続きを代行できる国家資格、弁理士の資格を持っている人は知財分野の転職で優遇されます。弁理士の試験に学歴や年齢の制限は一切なく、試験は年に一度行われます。

知的財産管理技能検定

知財検定企業の知財部に在籍する人を対象にした知的財産に関する国家資格です。等級は1級から3級までありますが、3級は実務経験がない人でも受験可能です。

未経験からでも知財に転職はできる?

未経験からの転職はシビアだけど可能

企業法務の未経験者の条件は厳しめ

知財は未経験者にとってシビアな業界です。企業の知財の仕事の未経験者可の仕事には、理系大学や大学院を卒業していることや、研究職・開発職の経験弁理士の資格などを条件にしているケースが多くあります。

イチから法務を目指すなら特許事務所

企業の知財部より特許事務所の方が未経験者の採用に積極的です。未経験者は出来れば20代のうちに特許事務所で特許事務の仕事を見つけて知財の仕事をスタートさせ、キャリアアップを目指しましょう。

未経験から知財に転職、失敗しない転職先の選び方

選んではいけない知財求人

仕事量が多く連日残業

未経験者を企業よりも積極的に受け入れている特許事務所ですが、企業の知財部より福利厚生が整っていないことが多く、少ない人数で大量の仕事をこなさなければいけない事務所も存在します。労働環境の事前のチェックは不可欠です。

キャリアプランが合わない

企業の知財部は特許事務所よりも業務の幅が広く、求人によって求められるスキルが大きく異なります。転職してから技術面での理解が間に合わず、求められる仕事がこなせなかったり、語学スキルを活かして働きたいのに国内の特許ばかりだったり、自分のキャリア・能力とポストのミスマッチが発生するケースが多々あります。

おすすめ求人の特徴

最新の技術に触れられる

知財の経験者は、いち早く最新の技術に触れそれを世に出す手伝いをすることにやりがいを見いだしている人がほとんどです。中小企業やベンチャー企業でも開発に積極的な企業を見つけられると、仕事そのものに喜びを感じられる確率が高まります。

自分の専門分野を活かせる

大学で物理や工学を学んでいた、前職で製造業に携わっていた、そうした自分のバックグラウンドに関係する分野の知財の仕事を見つけて応募すると、採用で有利になりますし、仕事に就いてからも自分のキャリアを活かして仕事を進めることができます。

未経験OKかつ条件の良い知財求人を見つける方法

求人が見つからない・面接にたどりつけないケース

知財の仕事は未経験者が応募出来る求人の数が非常に少なく、そうした求人をハローワークや求人サイトにだす企業・特許事務所はほとんどありません。自力で未経験から応募できる求人を見つけるのは難しく見つけて応募しても書類審査で落ちてしまいがちです。

プロのアドバイスが成功のカギ

専門性が高い知財の仕事はほとんど非公開求人で募集がかけられます。転職志望者のフォローをおこなう転職エージェントに登録することで、非公開求人や独占求人の中から応募可能な求人を紹介してもらうことができます。

ひとりでは難しい未経験からの転職活動も、キャリアコンサルタントにサポートを受け、自分のバックグラウンドを活かせる求人を見つけてもらい企業に推薦してもらうことで成功させる確率がたかまります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは国内最大の転職エージェントです。抱えている非公開求人は約
件で、知財・特許の転職実績も多数あります。知財分野に詳しいキャリアアドバイザーが
在籍しているので、自分のキャリアを活かせる求人を紹介してもらうことができます。専門知識のあるキャリアアドバイザーに自分と求人とのマッチングをチェックしてもらうことで、転職後のミスマッチを予防し、やりがいのある仕事に就ける可能性がたかまります。

リクルートエージェント公式サイト

まとめ

知財の仕事は専門性が非常に高く、法律に関する知識が必要です。さらに知財の仕事では
技術分野の知識と理解
語学力
論理的思考力
が求められます。

知財の求人では経験者が非常に優遇される傾向があるので、
弁理士や知的財産管理技能検定の資格を取る
・卒業学部や前職関連企業等自分のキャリアに関係する求人に応募する
特許事務所で特許アシスタントの仕事を探す
などの工夫が必要です。
転職エージェントに登録しプロの力をかりて、条件の良い知財への転職をかなえましょう。