「どうせアルバイトをするなら格好よくてお金になる仕事がしたい」。そう考えた時に、バーテンダーのアルバイトはぴったりです。しかしバーテンダーと言えば、お酒を扱うプロ。どれぐらいお酒に詳しいと採用してもらえるのか心配になってしまうものです。ここではそんなバーテンダーのアルバイトに興味をもっている方にむけて詳しく説明していきます。

バーテンダーバイト良い評判まとめ!メリット・楽な点

居酒屋と同じような仕事内容で時間手当てがつく

バーテンのバイトの仕事内容は、買い出しや清掃、接客、カクテルづくりなどがあります。営業時間は夕方から深夜までのお店がほとんどです。通常22時から翌日の5時の時間帯に夜間の勤務には25パーセントアップの時間手当がつきます。手当がつく分、バーテンダーのバイトで深夜シフトに多く入ると効率よく稼ぐことができます。時給換算にすると昼間の飲食の仕事に比べて収入が高めな仕事と言えます。

バーと言われてイメージしやすいオーセンティックバーであれば、楽な場所や時間帯はあまりないです。特に研修期間はグラスを磨いたりフルーツの仕込みをしたりするのが仕事であるため、あまり場所や時間によって忙しさは変わりません。バーはゆったりとお酒と会話を楽しむ場所なので、行列ができて目が回る忙しさ、ということも少ないと言えます。

https://twitter.com/10Spoon11/status/644506220120920065

コミュ二ケーション力が鍛えられてお酒についての知識も増える

バーテンダーはお酒を作って提供することももちろんですが、やはりバーはカウンターを挟んでのお客さんとの会話が大切です。眼の前のお客さんがあなたとの会話を楽しんでいれば、その人にお酒を作りながら会話を続けるのが仕事です。そういった意味では、営業中はお酒を作って眼の前に座っているお客さんの会話の相手になっていればいいため、楽だと言えます。

バーテンダーの仕事を通して、聞き上手になったり、初対面の人の気持ちを和ませたり、常連のお客さんの好みを覚えて好まれそうなメニューをお勧めしたりするコミュニケーション能力が自然と磨かれます。

おいしいお酒を作れるだけでなく、会話が上手で気づかいができるバーテンダーは、お客さんとの間に信頼関係が生まれ、勤務中にお酒をおごってもらえたり、遊びに誘われたりして、バイト先で人づきあいの輪を作ることもできます。

仕事を通じてお酒に詳しくなったり、おつまみのレシピを覚え料理の腕が上達したりすることができるのもバーテンダーバイトのメリットです。
https://twitter.com/saga13211079/status/1066330152634732545
https://twitter.com/Lim_thc0530/status/1065236721086787584

バーテンダーのデメリット・きつい点は?

注文をさばくのが大変

忙しい時間帯にオーダー順に沢山の注文を間違えずにスピーディに提供するのは非常にプレッシャーがかかります。金曜日や土曜日の夜などは遅い時間までお店が混雑し、休憩を取る暇もなくバーテンダーは仕事に追われがちです。

また、バーテンダーのアルバイトはいずれプロになるための下積みの場と考えている人が多いです。そのため時間や場所よりも、一緒に働く先輩たちやオーナーなどによって大変さは変わって来ます。いずれプロになるという意識が高く上下関係が厳しい人も多い業界であるため、ダブルワークと割り切るのであれば入店前にお店に何度か通い、お店の雰囲気をしっかり把握しておきましょう。


https://twitter.com/1sou_mam/status/96249684158451712

酔っ払い相手の接客が大変

バーテンは居酒屋にくらべると比較的落ち着いた客層ですが、お酒の入ったお客さんの相手は大変なことがあります。お酒に詳しく味にうるさいお客さんもいますし、強い度数のアルコール提供する以上、酔っ払いの相手は避けられません。泥酔して嘔吐してしまった時の後片付けや、体調が急変してしまった時も限られた人数でほかのお客さんに迷惑がかからないように対応する能力が求められます。
https://twitter.com/oiparasan/status/1064840505517727744


https://twitter.com/MelonPoporo_s/status/462588027131289600

通勤が大変・生活が昼夜逆転にしてしまう

見た目にはとても格好いいバーテンダーの仕事ですが、朝まで立ちっぱなしの仕事ですので肉体的には大変です。また基本的にはかっちりした服装を求められることがほとんど。店にもよりますが、蝶ネクタイをしなければいけないところやジャケット着用が求められるところもあります。かっちりした格好で立ち仕事を続けるため、体は疲れがちです。

バーでアルバイトをする時に考えたいのが、営業時間です。どうしても深夜遅くまでの仕事になってしまうことは仕方がないとは言え、店によっては朝までの営業ではなく、深夜の二時や三時に閉店というところもあります。その場合、働く場所によっては始発電車が出るまで家に帰れません。何時までお店が営業していて何時まで働けるのかを把握しておかないと、思わぬデメリットになってしまいます。

また、学業や掛け持ちの他のバイトに支障が出てしまうなどのデメリットもあります。

https://twitter.com/miyagawa_u/status/1053574077128990720

バイト探しに役立つサイト厳選Best3

シェアフル
登録3分!面接なし・履歴書不要・1日単位のアルバイトアプリです。大手企業からベンチャー、オフィスワーク・データ入力・完全リモート・軽作業・梱包・試験監督・ワクチン会場のお手伝いまで「1日単位で」「すぐに」「簡単に」働ける、平均時給1200円以上のギグワークがたくさん。求人情報は都市圏を中心に全国拡大中

11/15(月)まで最大3万円分のAmazonギフト券がもらえる、シェアフル・オータムキャンペーン2021実施中!期間中に軽作業求人で就業した回数が上位100名の方にギフト券をプレゼント!

マッハバイト
バイトに採用が決まったら必ずお祝い金がもらえるバイト情報サイト最短で翌日に、最大1万円のボーナスがもれなくどのバイトでももらえます。

シゴト.inバイト
an、マイナビ、フロム・エー、マッハバイトなど大手の求人情報を全て検索できます。日本全国の掲載バイト件数15万件以上、採用されるとお祝い金がもらえる求人が15000件以上あります。職種・給与・エリアに加え、時間帯や一日・短期・日払い・憧れの職種などで検索できます。

バーテンダーのバイトの仕事内容

バーテンダーの仕事といえばお酒を作ること

バーテンダーにとって一番の仕事は、やはりカクテルを作ってお客さんにサーブすることです。バーテンダーと言えばシェーカーを振ってカクテルを作るイメージがありますが、実際にはシェーカーだけでなく、ミキシンググラスという大きめのグラスの中でお酒を混ぜ合わせたり、グラスでカクテルを作ってそのままサーブしたりと、様々なやり方でカクテルを作ります。まずはお酒の種類だけでなく、カクテル作りに使う道具の名前や使い方などを覚えなければなりません

お客さんとの会話も大切な仕事

お酒を作るだけではなく、カウンターに座っているお客さんとの会話もバーテンダーにとって大切な仕事です。バーにお酒を飲みに来る人の中には、バーテンダーとの会話を楽しみにしている人もたくさんいます。お酒についての説明を求められたり、あるいは一人で来たお客さんと雑談をしたり。自分の話だけをするのではなく、相手の話を聞いて適切なコミュニケーションを取ることも仕事の一つです。そのため、お客さんの顔と名前を一致させ、その人のお酒の好みも覚えなければなりません

気配りも仕事のうち

お店にもよりますが、オーセンティックなバーであれば基本的にはバーテンダーがお酒をサーブし、ホールの担当者は置いていません。そのためお店の端々にまで気を配り、飲み物がなくなってしまったお客さんがいないか、ゴミが落ちていないかなど、お客さんに楽しんでもらえるよう快適なお店づくりをするのもバーテンダーの仕事です。

最初は研修から

経験無しで最初からカクテルを作らせてもらえるわけではありません。仮に学生の時にアルバイトでバーテンダーをやったことがあったとしても、お店によって基本レシピやサーブの仕方は異なります。そのため最初からいきなりお客さんの注文を受けてシェーカーを振れることはありません。グラスを磨いたりゴミを捨てたりといった研修期間を経て、まずは基本のカクテルをお店のレシピ通りに作ることが求められます。

バーテンダーのバイトの給料(平均時給・月収)

バーテンダーの平均時給は?

バーテンダーの時給は地域によって1000円から1300円程度と、ほかのアルバイトに比べると高めになっています。ただしこれは深夜手当も含んでの給料であることに注意しましょう。バーテンダーのアルバイトは、やがてプロのバーテンダーとなって自分のお店を持ったり、ホテルのバーなどでチーフバーテンダーになるための下積み期間とも言えます。そのため、単純に深夜バイトの時給ということで考えると、ほかの業種とあまり大差はありません。

バーテンダーの平均月収は?

下積み時代のバーテンダーは、正社員であっても平均年収が300万円から400万円程度と言われます。これはやはり、バーテンダーという仕事がいずれ自分の店を持ったりお店を任されたるするなど、先を見据えた仕事であるためです。アルバイトにとってもそれは同様。いくら時給が高いとは言え、いつまで経ってもカクテルが作れないというわけにはいきません。職人的な世界なので、自分で努力して技術や知識を習得しなければ月収を上げていくことは難しいでしょう。

時給を上げるには

バーテンダーという仕事は頑張れば頑張った分だけ評価される仕事です。具体的にはまず、固定客をつけること。そのためにはお客さんの顔と名前、そして趣味や嗜好を覚え、その人に合ったお酒を提供できるようになることが大切です。

またバーテンダーには、日本バーテンダー協会が認定する資格試験があったり、バーテンダーの技術を競う大会があったりします。資格を取得したり大会に参加することは、やる気をアピールするだけでなく技術の裏付けがあることも証明されます。努力すればその分だけ時給が上がるのがバーテンダーの魅力だと言えます。

バーテンダーのバイトの年齢層

何歳くらいのどんな人が働いているの?

バーテンダーのアルバイトをしているのは、いずれはバーテンダーとして正社員になりたい、あるいは独立して自分の店を持ちたいという人がほとんどです。それ以外にもカジュアルなバーであれば学生が働いているところもあります。

どんなバーかによって客層も違えば従業員の雰囲気も異なりますので、お客さんとして足を運び、バーテンダーと仲良くなって情報収集をすると良いでしょう。良いバーテンダーは周囲のお店にも詳しいため、ほかのお店の雰囲気などを教えてくれることもあります。

年齢制限はあるの?

バーテンダーのアルバイトは年齢制限を設けているところがほとんど。お酒を提供する仕事なので、20歳以上でないと応募できません。居酒屋のアルバイトなどと違い、バーテンダーのアルバイトはお客さんからお酒のことを尋ねられます。自分でカクテルを作っても、20歳未満では味見をすることもできません。逆に上限については設けていないところがほとんどです。

お店が求めている人物像

やはりお店が求めているのは、会話が得意な人。会話が得意だという人はバーテンダーの仕事に向いていると言えるでしょう。とは言え、自分から話すのが得意というのではなく、お客さんの話をしっかり聞ける、コミュニケーション能力の高い人が求められます。自分の話しかできず人の話が聞けない人、あるいは話は聞けても会話を広げることができない人は向いていないと言えます。

未経験で採用されるコツは、やはりコミュニケーションスキルがあるかどうかです。バーテンダーに求められるのはお酒の知識・技術とコミュニケーション能力。お酒の知識・技術がなければ、コミュニケーション能力をアピールするしかありません。面接では「人の話をしっかり聞いて会話を広げられるかどうか」が見られています。自分の話をするだけでなく、お客さんと接するつもりで相手の話を聞くことが未経験でも採用されるためのコツです。

飲食業界に特化した転職エージェント

フーズラボ

フーズラボ

月給35万円以上・週休2日など優良企業の非公開求人が豊富な飲食業界専門の転職エージェント。転職前にお店の実態について独自情報を入手することができます。登録すると専属のキャリアアドバイザーが希望する求人の紹介から面接対策条件交渉まで転職活動のサポートをしてくれます。【年間約5,000名以上】の実績があり、関東一都三県+関西支社(大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山)まで対応しています。

フーズラボへ無料登録

アルバイト探しアプリ・サイトおすすめランキング

  1. 登録3分!面接なし・履歴書不要・1日単位のアルバイトアプリは、「シェアフル 」

    シェアフル

    dodaを運営するパーソルグループのNo1アルバイトアプリ、圧倒的な求人情報は大手企業からベンチャー、オフィスワーク・データ入力・完全リモート・軽作業・梱包・試験監督・ワクチン会場のお手伝いまで、平均時給1,200円の色々なギグワークを希望の条件で検索して、即応募できる。

    またカレンダーに2か月先まで希望日を登録して働く、週払いも可能。1日働いてみて続けるか判断できる「トライアル採用」もあります。さらに条件にあったオススメのバイト情報も届きます。お仕事の確認や評価まで、全てサポートされます。東京中心に全国拡大中、北海道・東北地区、関東地区、甲信地区、東海地区、関西地区、九州地区の求人情報があります。

    11/15(月)まで最大3万円分のAmazonギフト券がもらえる、オータムキャンペーン2021実施中!期間中に軽作業求人で就業した回数が上位100名の方にギフト券をプレゼント!

  2. マッハバイト(ジョブセンス)

    東証一部上場企業の株式会社リブセンスが運営する、アルバイト情報サイト。求人情報は常時約20万件もあり日本全国の情報を網羅しています。地域、路線、職種、特徴などで絞り込み簡単に希望するバイトが探せ、最短で翌日から働けるまさにマッハバイト。さらに嬉しすぎる、アルバイトに採用されると最大1万円が全員もらえちゃえます!!

    マッハバイトへ無料登録

  3. シゴト.inバイト

    シゴト.inバイトは、an、マイナビ、フロム・エー、マッハバイトなど大手の求人情報を全て検索できます。
    日本全国の掲載バイト件数15万件以上、採用されるとお祝い金がもらえる求人が15000件以上あります。
    職種・給与・エリアに加え、時間帯や高校生歓迎・一日単位・短期・日払い・憧れの職種などさまざまな条件で、豊富なバイト情報を検索できます。
    履歴書・志望動機の書き方や面接時の心得などが分かる【アルバイト完全ガイド】も好評です。

    シゴト.inバイト へ無料登録

  4. リクルートがフリーターから正社員転職を支援する、20代なら迷わず就職Shop

    就職Shop

    最大手リクルートが運営する、既卒や第二新卒、フリーターやキャリアの浅い20代の人物重視の就職支援サービスです。既卒者の正社員採用に限定した求人のみを扱っており、1人1人に寄り添い、納得いくまであなたの正社員就職をサポートしています。

    就職Shopは、離職率が高い企業の応募は受け付けておらず、専任スタッフが現地に足を運んで取材した企業のみを紹介してくれるので、ブラック企業に捕まるリスクがありません、コロナ禍でも採用を継続している10000社以上の求人情報(8割は事務・技術・製造・接客販売・IT系と幅広く)豊富に保有していて、応募時に書類選考が無いので、”働いてみたい”企業の面接からスタートします。非常に効率的で、スピード就業が可能です。

    すでに登録者は17万人を突破していて、就職決定した方の7割が正社員経験1年未満の若者です。様々な業界・職種の中卒・高卒・未経験OKの正社員求人があり、専任のキャリアコーディネーターが個別面談ののち、求人紹介から書類・面接対策までサポートしてくれます。

    また就職ガイダンスやビジネスマナー講座、模擬面接会に職種・業界研究セミナーなど、利用者が就活や内定後の正社員として活躍できるためのサポートが充実しているのも特徴的です。面談拠点は、【東京、千葉、埼玉、神奈川】【大阪・兵庫・京都】になりますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全ての面談を電話・リモートで対応しています。

    就職Shopへ無料登録

まとめ

バーテンダーのアルバイトをしてみたいがお酒の知識も、バーテンダーの経験もないからと及び腰になる必要はありません。格好良くシェーカーを振っているバーテンダーも、最初はみんな未経験から始めています。それよりも大切なのは、お客さんの話を聞いて会話を広げられたり、どんなお酒が好きなのかを理解できるコミュニケーション能力です。バーでアルバイトをするには、その点に気をつけて面接に臨みましょう。