脱出!ニートから就職におすすめの職種と就職支援サイトまとめ

ニートであり続けている人は、脱却できなくても構わないと心の底で意識していることがあり、なかなかその境遇を脱出できないでいます。しかし、甘えていた親もいつまでも元気でお金を稼いでいるわけではありません。

そこで、ニートを抜け出して正社員になるために、ニートから正社員になるための方法を詳しく紹介していきます。ここでは正社員になった方が良い理由ニートからの脱出におすすめの職種効率的な就活の仕方を解説していきます。

やめられない止まらない。おいしいニート生活を脱出できない理由

ニート生活を脱出できない原因

いくらニートになると言っても、生活するにはお金が必要です。自分で稼げない以上は親に頼るしかありません。親が裕福だと金銭面に余裕があり、ニートになっても生活に支障はきたしません。保護してもらっている甘えから、ニート生活の脱出が難しくなります。親があまり何も言わないのも要因としてあります。

また、ニートになる理由として人間関係に嫌気が差していることも挙げられます。これまでの仕事で人間関係のトラブルになり、人付き合いが苦手となってしまい、引き籠ってしまうケースです。

また、他人への関心が薄く、興味を持たないため、友達や恋人といった存在が無縁となり、他人との交流を図りたくないとする人がニートに陥りやすくなります。

ニートが限界だと感じる瞬間

親に寄生するのも限りがあり、基本的には親の方が先に死にます。親がいなくなることを想像すると、甘えた環境がリアルに戻されてしまい、明日からどうしようという焦りが生まれます。

生活していくにはお金が必要なため、手元に自分のお金が無い場合は何も買うことができません。親に頼りっきりで自分のお金が全くない場合、親がいなくなった後にすぐ限界がきます

また、正社員として働いていないと、結婚や家の賃貸契約・購入といった将来のことを見越した行動はすべて出来なくなります。社会的地位がないとローンも組めませんし、クレジットカードすら持つことができません

葬式かミイラ化か、ついに究極の選択をする時が…

世の中には働かずにニートを続けている人も大勢います。親が死んでしまった場合に、葬式代がバカにならないからと育ててくれた親をそのまま放置し、いつまでも年金をもらい続ける犯罪のケースもニュースなどで話題に上っています。

このような問題は、詐欺罪で逮捕される可能性が高くなります。親の死を隠して年金をもらい続けてもいずれはバレてしまうものです。

親の遺産で貯金があったとしても、生活が逼迫してくることは明らかです。将来のことを考えても、多少の貯えでは一日一食の生活になることは必然といえるでしょう。また、自分が頼れる存在がなくなり、孤立が進んでしまうことが懸念されます。将来のことを考えても自暴自棄に陥り、メンタル的にも体力的にも限界が訪れてしまいます。

ニート脱出方法「アルバイトから」は逆効果

働きたいという意欲を持っていても、アルバイトではフリーターの期間を延ばすだけになってしまいます。それよりも正社員として就職活動をすべきです。もちろん、アルバイトから正社員へ登用している企業もあるので、その場合はアルバイトで実績を積んで正社員登用を目指したほうが良いでしょう。

正社員になると各種保険といった福利厚生が使えるようになります。住宅手当や社員食堂の利用など、企業によっては通常の給与にプラスアルファで優遇されるケースもあります。また、雇用の保証がありますし、何よりも社会的地位を得られることが大きなメリットと言えます。

正社員が難しい場合には個人事業主になる

一見、ハードルが高そうな個人事業主ですが、収入ゼロから始められます青色申告書を税務署に提出すれば、その日の内に経営者になれます。これは「さあ、頑張ろう」というモチベーションを上げる効果が見られ、周囲の視線も変わってきます。

ニートにおすすめの職種6選!挫折しやすい職種と一緒に紹介

未経験でも安心!ニートにおすすめの職種

介護職

介護は高齢化社会となる昨今で、非常に需要が高い職種といえます。親と同居していたニートでしたら、いずれは介護も必要になってくるでしょうから、今のうちに介護を学んでおいても損はありません。介護業務は厳しいといわれますが、社会に貢献する仕事でもあり、やりがいもあります。

営業職

営業といえばハードルが高そうなイメージですが、いきなり新規客の開拓ばかりに行かされそうなブラック系の飛び込み営業でもない限り、顧客回りが通例といえます。営業職は未経験者でも採用している企業が多いのが特徴です。

ドライバー職

運転免許を取得していることが条件にもなりますが、買い物へ行きにくい高齢者が増え、ネット通販やオークションの利用者が増えたことにもより、ドライバーの需要は高まっています。ドライバーは人材不足に陥っていることが社会問題にもなっており、未経験でも採用する企業は増えています

サービス業(飲食系)

アルバイトから始めやすい特徴があり、常に募集をかけている業種でもあります。店舗によっては賄いが付いていることもあり、食費を浮かすことができます。未経験のアルバイトからスタートして、正社員になり、店長へと昇格することも可能で、有名な大手チェーン店に就職することも可能です。

製造工場(製造・検査)

期間工や契約社員からスタートすることも多いですが、製造工場では未経験者を積極的に採用しています。ライン作業が通例で、機械部品から食品まで多くの工場があり、それらの商品を納入している物流センターでの倉庫作業も未経験者を多く採用しています。黙々と作業に没頭できるので、会話が苦手なニートにとっては仕事しやすい環境であるといえます。

警備会社

警備会社では年代を問わず、幅広く募集をかけています。学歴や経歴は不問という会社が多く、ニートであっても採用される確率は高くなります。必要以上にコミュニケーションを取らなくてもいいので、ニートにもおすすめといえるでしょう。

【これはやめとけ】ニートが挫折する職種

自分で調べて応募する際、気を付けたい職種もあります。ニートがすぐに挫折してしまう職種を選ぶと、またニートに逆戻りとなり、次はなかなか立ち直ることができません。

什器の搬入や搬出といった力仕事

日雇いバイトの定番ともいえますが、什器の搬送や搬入は日当が出て送り迎えをしてくれるので、その日暮らしには向いているようにも見えます。仕事が昼くらいに終わることもあれば、夕方を過ぎても終わることがない場合もあります。

特に力仕事が厳しく、上下関係もきつい現場といえます。年齢が年下の請負派遣社員から罵声が飛んでくることも日常で、精神的にも肉体的に堪えます。

住み込みのリゾートバイト

寝る場所や食事を確保できる住込みバイトについ手が伸びそうにもなります。また、期間限定になっていますが、経験を積んでいくと長期で採用してくれることもあります。しかし、リゾートバイトでは共同生活を強いられることもあり、対人関係でストレスを感じてしまう恐れがあります。

さらに、学生が多いバイトでは、友達と一緒に参加しているケースがあり、すでに交友関係が出来上がっていて、その輪に入れずに対人関係のストレスに拍車がかかってしまうことが懸念されます。

早く就活したいけど…何をどうしたらいい?

まずはハロワに相談、が面接よりきつい可能性も!

ハローワークでは地元の企業が求人票を出しているケースが多く、身近な場所で働けるメリットもあります。未経験者可能といった求人が多いので、自分と同じような境遇の人がたくさん訪れていることに安心感を覚えることもあります。

しかし、ハローワークの相談員や委託されている民間企業の相談員には当たりはずれがあります。すべての相談員ではありませんが、ニートになっていることを一方的に説教してくる相談員もいれば、自分に適した求人を紹介してくれず、適当にあしらってくる相談員もいます。ニートの境遇を叱りつける相談員と対面してしまうと、面接で質問されるよりもきつい心境となります。

就職エージェントは就職活動のサポートを受けられる

就活では、自分が何に向いていて、どこに応募すればいいかという判断が難しく、第三者の客観的視線が必要になっていきます。就職を手助けするものの一つに、就職エージェントというものがあります。就職エージェントでは面談を行って、応募者の適正を見出し、マッチした求人を紹介してくれます。

就職エージェントでは実際に企業側に赴いて実態を把握しているため、内部事情に詳しく、登録されている企業がブラックである確率はほとんどありません。利用者のブラック企業への応募を未然に防いでくれます。

難しい面接へのサポートも無料で受けられる

ニートを続けていると、書類上の空白期間が気になります。また、面接での質問に上手に答えられるかという不安も大きくなります。ただでさえ、ニート期間があって人との付き合いがなかったのに、「なぜ働いていなかったのか」「どうして働きたくなったのか」という質問に答えるのは、難易度が少々高いです。

そこで、就職エージェントでは書類作成や面接でのアドバイスを行っています。模擬面接をすることで、自信を持って面接に臨めるようになります。

就職エージェントは内定が確定すると企業側から報酬を受け取るシステムのため、基本的に応募者は無料で利用できます。専任のキャリアドバイザーが責任を持って担当し、就職内定までサポートを続けてくれます。

就活では素直にニートであることを認める

ニートであることを指摘されても、就活する相手に迷惑をかけたわけではありません。就活では、なぜか説教みたいに話してくる人もいますが、ニートであることを正直に答えて、素直さをアピールするのは決して悪いことではありません

大事なのはこれからの未来であり、「今後どうしていきたいか」という思いです。ニートを突っ込まれても、悲観的にならずに自分を変えたいというコミュニケーション力をアピールしていきましょう。

20代ニートなら就職エージェントがおすすめ

公的機関であまり実用性のない職業訓練をするよりも、ニートを受け入れてくれる求人を紹介してくれる就職エージェントのほうが就活には断然有利です。公的機関ではニートという空白期間に対するサポートを受けることはできません。

空白期間を不利にしないように就活するには、ニートだけでなく、フリーターや既卒にも強い就職エージェントを活用しましょう。30代になると利用できなくなってしまうため、20代のうちにどんどん利用して正社員への道を切り開きましょう。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ニートや既卒、フリーターといった正社員採用への空白期間がある人におすすめの就職エージェントがハタラクティブです。20代の若い世代を中心に、未経験者を歓迎している求人を多数擁し、社会人未経験者でもOKという求人も扱っています。

専任の就活アドバイザーが担当し、自分に合った求人を紹介してくれ、面接対策なども講じてくれます。ハタラクティブでは高い内定率を誇り、ニートであっても安心して利用することができます。

ハタラクティブ公式サイト

就職Shop

就職Shop

就職Shopは登録社数が7000社を超えている就職支援サービスです。人材業界最大手のリクルートグループが運営していることから、求職者も安心して利用・登録ができます。就職Shopでは、スタッフが企業へ訪問した正社員案件しか扱っていませんので、現場の雰囲気などを把握した上で親身になって紹介してくれます。

また、未経験者歓迎の仕事を擁しており、無料でサポートを受けることができるのは、ニートにとってありがたい存在です。

就職Shop公式サイト

女ニートにおすすめの職種は!?女性が正社員になるために

人手不足で求人は多い

女性や男性に限らず、ニートになってしまったら仕事にありつけるか不安に思うものです。多くは就活に失敗してニートになったことがうかがえますが、女性にとって結婚でどうせ退社してしまうなら、ニートを続けても問題はないとあっさりと考えている人もいます。

しかし、出会いがないことには結婚はできませんし、女ニートと率先して結婚してくれるかといったら、門戸が狭くなってしまう可能性が高くなります。やはり、心機一転働いて出会いを見つけるほうが無難といえるでしょう。

女ニートといっても、仕事がないわけではありません。事務員などのオフィス業や店舗で働く販売業など、正社員として募集している企業は多くあります。

女ニートにおすすめの資格

資格を取ったことで就職に大いに有利になるといったことはありませんが、資格を持っていた方が有利になる業界もあります。就職活動で有利になりやすいのは、比較的難易度の低い準サービス介介助士、介護事務といった、高齢化社会へ向けて需要が大きい資格です。

高齢化社会になるにつれて、介護業界はどんどん需要が高くなっていきます。そのため、ニートでも正社員になりやすく、将来的にも職に困ることがありません。資格を取って就職をしたい人は、介護業界に有利になりやすい資格がおすすめです。

ブラックに捕まるとニートに逆戻り

仕事を見つけても、気を付けたいのがブラック企業の甘い勧誘です。ブラック企業は通年人手不足に陥っており、過酷な仕事内容や待遇で離職率も高くなっています。

ニートになると就職難が予想されますが、ブラック企業は「未経験者歓迎」「全くの初心者でも大丈夫」「誰でも出来る簡単な仕事」「若手が活躍する会社」「アットホームな社風」などといった誘い文句でニートの気持ちを揺さぶってきます。

しかし、すぐに採用してくれるからといって、ブラック企業に捕まってしまうと、すぐに辞めてしまい、結局のところニートに逆戻りとなってしまいます。また、再びニートに戻ってしまったら、悪いのは会社の方だという考えが根付き、次はなかなか働こうとしなくなります。

精神疾患での休職・離職率の高い業種の多くはサービス業

サービス業で働いている女性は、給与も少ない上にハードワークとなって精神を病んでしまう傾向があります。サービス業は華やかさがある一方で、週末に休めず、大型連休も取りづらい傾向があり、何よりもモンスター的なお客のクレームに悩まされることもあります。

バイトで回すような店舗に配属されると、責任者として扱われ、アルバイトの不平不満を聞きながら、突発で休まれた場合は自身の休日を返上して出勤しなくてはなりません。

さらに、お店を回すことで手が一杯になり、手当などが付かなくても店舗に残って仕事をしているケースもあって、いつのまにか倒れる寸前まで追い込まれてしまうこともあります。

休職・離職者の多い職業

美容師

多くの女性が憧れる職業でもありますが、薄給であり、週末に休めないといったデメリットがあります。拘束時間も長く、お店の営業時間に準備や後片付けに費やす時間がかかり、8時間労働では賄いきれません。それでいて残業手当が支給されていないお店も多いのが現状といえます。

宿泊・ホテル業

競争過多ともいえる業種で、必要以上のサービス精神を求められる傾向になっています。基本的に24時間の交代勤務であり、マナーや礼儀作法に厳しく、お客のクレームを直接対応しなくてはなりません。繁忙期が連休と重なり、自身の休みが取りづらく、価格競争をしていることから、コストカットで給与も少ないことが挙げられます。

販売・小売業

スーパーやコンビニ、百貨店といった小売業では、アルバイトとして現場に立った経験が活かされることから、正社員への道が険しくないことがあります。しかし、拘束時間は長く、現場勤務になると、正月やお盆などのピークには仕事を休めません。それどころか、アルバイト達が競って休みなるので、お店回しよりも人員確保に時間を取られてしまいます。

売上ノルマも設定されている店舗が多いので、上司のパワハラまがいの圧力やお客のクレーム処理など、店舗によっては精神的に厳しい業種といえるでしょう。

飲食業

店舗によってはブラック企業の代名詞ともいえますが、多くの飲食店ではフルタイムで毎日働かなくてはならず、大手チェーン店になると本部の圧力も相当厳しいものになります。末端の店長クラスは給与が低いのにもかかわらず、お店の売上管理から人材教育、調理、接客、在庫管理に至るまで、ほぼすべて一人で責任者として担当することになります。

また、売上が見込める立地だといいですが、立地条件が悪いと、店舗にさける人員も少なくて、自身の勤務時間で賄うしかなくなります。売上が上がらないと、本部からの無意味なチェックシート類による書き物が増えていき、ノイローゼ状態になってしまいます。

教育関連事業

少子化が進む傾向にあって、先行きが不透明なのが教育関連事業です。学校や塾にスクール講師など、子どもを教えるのがメインとなりますが、モンスター的な教育熱心が激しい親に遭遇すると、やる気が一気に失ってしまいます

人に教えることや子どもが好きだったりして入った業界であるにもかかわらず、モチベーションを保つのが難しい業種といえるでしょう。

病まない職種を探しには就職エージェント

結婚を視野に入れている以上、出会いのある職場でトラブルは避けたいものです。パワハラはもちろん、セクハラもある企業も絶対に止めておきたいといえます。未経験を大歓迎してくれる企業内実習も充実している企業を探すのが得策です。しかし、女ニートとして自分一人で就活していては、企業情報を把握するのが難しいと言わざるを得ません。

自分のできることや未経験でも積極的に雇ってくれる企業はありますので、専門的にニートやフリーターなどに特化した就活エージェントを利用するようにしましょう。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ニートやフリーターなどの若い世代を中心に正社員就職をサポートしていて、営業職などだけでなく、事務や人事などの求人も用意されています。ニートが苦手としている書類作成や面接対策にも、専任の就活アドバイザーが親身になって対応してくれます。

ハタラクティブを利用した20代の内定率は80%を超えているので、たとえニートであっても、諦めずに就活をして、ニート脱却を図りましょう。

ハタラクティブ公式サイト

まとめ

ニートでも生活にはお金がかかるため、親に頼れなくなると生活することにも限界がきます。まずはアルバイトからと思っても、フリーター期間が長くなるだけになってしまうことが多いので、将来的に安定した生活を得るためには、正社員として働くのが1番です。

ニートでも就職しやすい職種は、介護職、営業職、ドライバー職、サービス業、製造工場、警備会社です。逆に向いていないのは、什器の搬送や搬入といった力仕事や、住み込みのリゾートバイトです。

女性の場合は、資格を取るとするなら介護職の資格がおすすめです。美容師、ホテル業、販売や小売業、飲食業、教員関連事業は休職率や離職率が高いので、ニートから抜け出したい人には向きません。