東京で新生活をするために必要なこと

東京で働きたいと思いたったらどのタイミングで上京すれば良いか迷うところです。面接もしなければいけないし、引っ越しもしなければいけません。仕事に支障が出ない時期に東京に引っ越しをする必要があるので、1つでも上京するタイミングを間違ってしまうとスケジュールが思い通りにいかなくなってしまいます。

そうならないためにもどのような仕事に就きたいか、その職種の会社で求人を出しているか、その求人に応募して面接をして内定をもらう、平行して住む場所を探す、などの細かなスケジュールを事前に全て自分で組んでいかなければいけません。

特に地方に住んでいる人は東京近郊の地域と異なり、何度も東京に来るわけにもいかないので、最近ではリモート・オンライン内見などもありますが、部屋周辺の環境まではわかりません。住む場所の下見などで東京に訪れるタイミングで全ての用事を済ませることができるように行動するようにしてください。東京で新しい生活をするということは簡単なことではありません。

新しい仕事に慣れるのも大変ですが、それ以上に大都会東京ということもあり住む場所をどうするべきか悩むポイントがたくさんあります。全てをクリアしてからでないと腰を据えて新しい仕事に集中できなくなってしまうからこそ、他のエリアとは全く別物と考えて生活の拠点を確保する必要があります。

首都圏近郊の周辺地域から移動するのと、それ以外のエリアから引越してくるのとでは考え方や移動する時期も異なってきます。当然東京から近い場所から引っ越すのであればその時期に余裕がありますが、離れた場所から引越しとなると細かくスケジュールを組んで、どの時期に異動をすれば仕事に負担をかけることなく、一緒のタイミングで仕事をしながら新しい生活をすることができるかを考える必要があります。

どのタイミングで新しい職場で仕事が始まるかによって緊急度が高いのか、数か月先でじっくり住むための物件を見つけることができるのかの考え方が異なってきます。新卒採用と異なり、中途採用だと入社する時期や考え方が全く違ってくることを理解して、ストレスが溜まらないでリラックスすることができる快適な物件を見つける必要があります。

転職活動のどの時期に引越しをするべきか

新しい職場で働くために必要な住居をどの時期に決めれば良いかというと、内定後の引っ越しがベストです。仕事が決まる前に引越しをしてしまうと、急に変更事項が出たときに通勤に支障が出る可能性があります。何かあったときに対処することができないだけでなく、内定をもらえないときにアパートやマンションの解約をする手続きも面倒です。

内定が出た企業の福利厚生で引越し手当や住宅手当がもらえる可能性もあります。新しい職場の手続きの都合もあるので、自分が住む物件の情報を十分に理解し、可能な限り会社から近い場所に住むところを決めてください。そうすることで通勤費を安く抑えることができるだけでなく、通勤時間を抑えて違うことに時間を使うことができます。

引越しをするのは最終面接の前後の時期にすると丁度良く新しい物件に住むことができます。早すぎると内定をもらえないときに余計な手続きをしなければいけませんし、遅すぎると仕事が始まるギリギリのところでバタバタする可能性もあります。

東京には様々なマンションやアパートがあるので、自分が住みたい物件を探すためにも、ある程度の目星をつけておくことですぐに内見を済ませて入居するための審査に進むことができます。東京で部屋を探すのは2週間くらいかけてじっくりと自分が住みたい部屋を探すことをおすすめします。

初めて部屋を探す時期から契約まで2週間くらいかかります。早くても遅くても入居日に合わせるのは簡単なことではありません。入社日も関わってくるからこそ、時期を見計らって入居するために最終面接の前後が望ましいです。

内定をもらってからの流れを理解する

新しく働く会社に内定をもらったらすぐに引越しの準備に入ります。実家からでなく今住んでいるアパートやマンションや寮などから引越す場合1か月以内に退去しなければいけません。転職をする活動をしている段階で退去日が決まったとしても、内定をもらってから改めて借りている不動産屋に連絡を入れて、いつまでに借りている物件から退去するかを伝える必要があります。

次に内定をもらった会社から何か福利厚生が該当するかを確認してください。住む場所から会社までの交通費や家賃補助などの福利厚生があります。東京の会社は手厚い補助をしてくれる福利厚生を提供する会社も多いです。転職の場合は内定後に入社日を調整してくれる会社も多いです。

引越しをする都合があるので、いつ入社をさせていただけるかを確認することも重要です。

もし自分ひとりで全ての行程を済ませることが難しいのであれば、転職エージェントなどのサービスを利用することをおすすめします。マッチングサービスなので自分が希望する求人を紹介してくれますし、依頼者の要望に合わせて入社日などを調整してもらうためにエージェント側で企業に提案までしてくれるサービスもあります。

地方に住んでいれば情報弱者になって思い通りの求人も探せないことがあるからこそ、最初からこのようなサービスを使うことで時間短縮にも繋がるメリットがあります。

シェアハウス・ルームシェアで共同生活も考えよう

東京に引越すということは住む場所も自分で決めなければいけませんが、もし会社の近くにアパートやマンションが見つからないときは様々なメリットがあり利用している人も多いシェアハウスを利用することをおすすめします。東京にはルームシェアをして家賃を安く抑えることができる物件がたくさんあります。

どうしてもお気に入りの物件が見つからないときや、会社の近くから通えないときなど、長期間他人と同じルームで生活をすることになります。東京ではゲストハウスと呼ばれていました。曖昧な線引きでどちらを使っても問題なく、法律の観点からも明確に定義されていないのが実情です。

知らない人と共同生活をするのはプライバシーが無いのでは?と思う人もいるかもしれません。

しかし自分の個室が提供されるので、水回りなどの共同部分はありますが、(全部のお部屋に洗面とトイレが付いている物件などもあります)家賃が安くなると考えると、物価が高い東京で新しい生活をするときに、少しでも生活費を抑えたいときに有効な手段としてシェアハウスを利用することもできます。

共同生活をすることができる物件を利用するメリットは、設備が豪華なところです。特に共用部は立派で新築物件なら新しい設備なのは当然ですが、リフォームした物件もキッチンなどが一人暮らし用のアパートやマンションとでは比べ物にならないほど豪華な設備が完備されていることが多いです。

自分ひとりで料理を作るのも良いですが、せっかくルームシェアをしている人と仲良くなるきっかけとして料理をしながらお互いの距離感を縮めるきっかけにもなります。キッチンなどの共用部が立派なだけでなく、共用部も広いメリットがあります。

最近では、新型コロナの影響でリモートワークに適した作りになっている、テレワークOKのシェアハウスも増えてきています。高速インターネット回線・Wifiが無料になっていたり、ラウンジ・ダイニングやスタディールーム・ライブラリーなど自室以外での広々とした作業スペースが充実している物件です。

リモートワークに必要な備品も貸し出ししてくれるサービスを提供している物件もあり、1ルームで悶々と作業をするより広い机で集中して取り組めるので快適に在宅ワークできます。

東京の一人暮らしはとても狭苦しい1Kのアパートで暮らしている人も多い中で、共同生活になりますがシェアハウスを利用すれば最初から広々とした空間で生活することができます。仕事で嫌なことがあった時に、一人の部屋に帰ってため息ばかりついているのと、誰かが「おかえり」と言ってくれて話し相手がいるのとでは、全然違います。

生活の負担が少なくなれば仕事に支障が出ることもなく帰宅後はリラックスして生活できるのでストレスを溜めない生活を送ることができるのもシェアハウスを利用するメリットです。




上京転職におすすめの転職エージェント

上京してITエンジニアに転職支援ネットビジョンアカデミー

最短2か月でネットワークエンジニアになれる上京転職支援サービスのネットビジョン。東京での住まいを家具家電付きで家賃最大2ヶ月無料・敷金・礼金も不要】で提供し、文系・未経験でもIT業界に就職できるように、講義・実機演習・履歴書や職務経歴書の添削・面談練習等も無料で徹底サポートしています。

職種は「インターネット」や「企業・官公庁のネットワーク環境」の設計・構築・運用・保守を行う、ネットワークエンジニアがメインとなります。CCNAも取得できるので将来的にも就職に有利です!

大手企業から有名ベンチャーまで正社員としての採用実績多数あり、就職率98%です。

※初期費用は3.8万円(保証金(1万円返却)と寝具代)と、スクール入校前月の日割分のみ。
※18歳〜31歳のITエンジニア希望の男女、上京を思い立ったら最短1週間で入居も可能です。

ネットビジョンアカデミー説明会へ無料登録

全国対応のリクルートエージェント

リクルートエージェント

日本最大級の転職エージェントで、求人数No.1、転職成功実績No.1の最大手リクルートエージェントです。拠点も全国主要都市に16箇所あり、地方での面談や上京転職活動も可能です。対応できる業種・職種が幅広く、第二新卒・若手からミドル・ハイキャリア層まで、質の高い求人を数多く保有しています。

各業界事情に精通した470名以上のキャリアアドバイザーが、丁寧なキャリアカウンセリングであなたの経歴・スキル・実績を把握し、希望に沿った求人を紹介してくれます。また適切な年収額を提示して、可能な限り年収アップを図ってくれます。

キャリアアドバイザーの履歴書や職務経歴書のまとめ方など、採用情報を加味した応募書類の添削や面接対策アドバイスも実践的で、面接力向上セミナーなど無料セミナーも充実しています。

転職先で活躍できることを目標に、またその後のキャリア形成も考えてのサポートしているので、転職後の退職率がわずか4%以下は特筆すべき点です。転職サポートの流れもスピーディーで、土日の相談が可能なのも今すぐ転職したい人も頼りになります。

リクルートエージェントへ無料登録

リクルートが本気で正社員転職を支援する、20代なら迷わず就職Shop

就職Shop

最大手リクルートが運営する、既卒や第二新卒、フリーターやキャリアの浅い20代の人物重視の就職支援サービスです。既卒者の正社員採用に限定した求人のみを扱っており、1人1人に寄り添い、納得いくまであなたの正社員就職をサポートしています。

就職Shopは、離職率が高い企業の応募は受け付けておらず、専任スタッフが現地に足を運んで取材した企業のみを紹介してくれるので、ブラック企業に捕まるリスクがありません、コロナ禍でも採用を継続している10000社以上の求人情報(8割は事務・技術・製造・接客販売・IT系と幅広く)豊富に保有していて、応募時に書類選考が無いので、”働いてみたい”企業の面接からスタートします。非常に効率的で、スピード就業が可能です。

すでに登録者は17万人を突破していて、就職決定した方の7割が正社員経験1年未満の若者です。様々な業界・職種の中卒・高卒・未経験OKの正社員求人があり、専任のキャリアコーディネーターが個別面談ののち、求人紹介から書類・面接対策までサポートしてくれます。

また就職ガイダンスやビジネスマナー講座、模擬面接会に職種・業界研究セミナーなど、利用者が就活や内定後の正社員として活躍できるためのサポートが充実しているのも特徴的です。

面談拠点は、【東京、千葉、埼玉、神奈川】【大阪・兵庫・京都】になりますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全ての面談を電話・リモートで対応しています。

就職Shopへ無料登録